2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1人暮らしの妹宅に訪問してきた見知らぬ男

 2014.11.21     人から聞いた怖い話     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 148

1人暮らしの妹を訪ねていったAさんの話。

 

妹さんのアパートの部屋は1階にあり、ベランダの向かいは駐車場。

外国暮らしでカーテンのない地域に住んでいたので、習慣で妹さんはカーテンを閉じる事もなく暮らしていた。

電気をつけた明るい部屋で着替えだす妹に、日本暮らしの長いAさんはせめて電気を消すかレースのカーテンは閉じたほうがいいと忠告して、自分はバスルームで着替えた。

 

2人で食事をして眠ろうかと言う話になったとき、妹が網戸を開けっ放しで、寝ている事も知り、危ないからクーラーを使うようにも忠告した。

今日は2人だから網戸でいいよと妹さんに強く言われ、自分の部屋でもないので、Aさんは主張をあきらめてベッドの脇に布団を敷いて眠る事にした。

 

夜明け近い時間、ふと目が覚めるとレースのカーテンが大きく揺れていた。

何だか変な気配に部屋を見渡すと、Aさんのすぐ傍に人間の足がみえた。

恐る恐る目線をあげると、見知らぬ男が手に靴を持って立ってAさんを唖然とした表情で見下ろしている。

 

慌てて飛び起きたAさんの第一声
「どちらさまですか?」に

男もびっくりした様子で「すみません893に追われてて」と答えた。

 

騒ぎに妹も目を覚ましたものの、ぼーっとAさんと男のやりとりを眺めている。

「どこから入ってきたんですか?!」とベランダの下をみればビールケースが積み重なっていた。

 

「す、すぐに出て行きますから。」と男が玄関先に行きそうになったので

「こっから出てって!」とベランダに誘導。

 

男は謝りながらベランダを乗り越え、姿を消した。

残されたビールケースを近所の酒屋に戻し、後で妹をみっちり叱りましたとさ。

Aさんがいなかったら、妹さんはどうなっていたことか・・・

 

で、妹さんはまだそこに住んでいるそうです。

カーテンを閉めるようにしたから大丈夫だそうです。

 

大丈夫なのか・・・?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,604 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/05/31(火) 12:32:10 ID:UyMjgyMTE

    本人が大丈夫だって言うんだから、何があっても知ったこっちゃねえな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

怖いコピペSNS