2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラで霊を写すコツと禁止事項

カメラ
この記事の所要時間: 114

オカルトの師匠から聞いた話。

オカルトの師匠曰く神霊番組なんかでクッキリ写っている霊はマレな部類かほとんど偽物だ。
ほとんど霊は人間にも機械にも捉えることはできない。

しかし少数ながら人間の目には感知できない程度に発光したり光を屈折するタイプのもがいる・・・らしい?
光を発っしたり屈折させるのならカメラで捉えることができる。

ではその方法は?

 

師匠に聞いてみると次の通り

  • カメラの設定をISO12800以上
  • 同じ場所でシャッター速度をいろいろ変えてみる
  • できるだけ暗い場所、どんなに明るくても月明かり程度まで
  • 霊のいる場所で写す

注意すべき事として

  • 撮った写真は必ずその場で霊が写っているかを確認し、同じくその場で写した画像データは消去する。
  • 絶対にデータを持ち帰ってはならないし、プリントアウトなど言語道断。

これは画像データに霊が分霊し憑かれる可能性があるからとのこと。
もしうっかり消し忘れて持って帰ってしまったときは速やかに最寄りの神社へ向かいデータを消去した上お祓いを受けること。

なお寺でのお祓いは効果は期待できないが密教系なら除霊可能とのこと、ただし密教系の除霊は似非モノが多いので注意。
興味のある方は自己責任でお試しを。

 

そうそう、大事な事言い忘れてた。
画像データは絶対にネットに拡散しないように!

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:834 PV
 評価:12345 2.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS