2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素人の俺が拝み屋(霊能者)紛いのことをしていた時のことを語る

拝み屋、数珠、喪服
この記事の所要時間: 1022

【オカルト】不思議体験したことあるやつwwwwwwwww

601 :名無しさん@おーぷん :2016/04/07(木)01:18:45 ID:jUP

オカルト話とは少し違うんだけど語らせてほしい。
数年前まで拝み屋紛いのことをしていた時期があった。

その頃は、というか今もだけど絶賛ニート中でやることがなかった。
当時は身内不幸が続いて、俺自身が無気力だったのもあるし金も転がり込んで余っていた。
そんな時に中学の頃の悪友Aが仕事の愚痴をSNSに書き込んでいたのを見て、久しぶりに飲みに行かないかと誘ってみた。

 

そこでAの話を聞いたところ
「カウンセラーをしているが時折こっくりさんや、肝試しで取りつかれたって話が多くて困る」って内容の愚痴を吐いていた。
まだUSOとかほん怖とかが各週放送されていたころでオカルトブームだったのもあるんだろう。
それも相まって女子学生のそう言う相談が多かったらしい。

Aはオカルト否定派だったからくだらないと一蹴したかったらしいが、それでは仕事に差し支えるから頑張って聞いていたけど中には「娘が狐につかれた」ということで親に連れてこられたはいいけれど、憑かれた本人が大暴れして部屋の調度品を壊されたりなんてこともあったらしい。

そういったことが続いて精神的にまいっていたAに、そんなの近場の神社とか相談しちまえよといったのが事の始まり。
「だったらお前が拝み屋の真似事でもしてくれよ」と言い出したAを笑ってやろうとしたけれど、暇つぶしに丁度いいかもと思ってしまった。

とりあえずそれっぽい格好をしたほうがいいのかなと思って和服でもそろえようかと思ったけど、Aにどうせならうさん臭くない方が良い。
もしこれで治ることがあれば俺の株もうなぎのぼりだから真面目に頼む。
ということで、せっかくだし本腰入れてみようということで喪服で挑むことにした。

 

602 :名無しさん@おーぷん :2016/04/07(木)01:26:23 ID:jUP

他に用意したのはそれっぽいアイテム多数。
数珠、経文、聖書、十字架、それからもいろいろと増えていった。
最終的には銀で作った弾丸(もちろん薬きょうとか無しの側だけ)とか、ベニヤ板を切って作った人型とかいろいろと。

お経はその頃の身内の不幸連発で知った般若心境を、聖書なんかは教会を探して礼拝に行ったりしてみた。
それで拝み屋としての仕事が始まったのはAと飲んでから数か月がたってたはず。
記憶を掘り返して覚えているのはAと飲んだ時は厚着してたけど、拝み屋を始めたころは扇風機を使ってたと思う。

その間Aは「半年先なら拝み屋を紹介できる、今は予約でいっぱい」といってカウンセリングに来た人たちに説明していた。
中には「そんなに待てない」という人もいたけど、それでもいいからという人もいたらしく予定がぎっしり詰め込まれていた。

そうこうして拝み屋の仕事が始まった。

 

603 :名無しさん@おーぷん :2016/04/07(木)01:32:23 ID:jUP

仕事の内容は簡単だった。
例えばこっくりさんをやって、狐に取りつかれた中学生のケース。
この場合俺がやることは祝詞を唱えて、狐の声を聴くこと。

オカルトっぽい描き方をしたけど、狐の声というのは【狐に取りつかれたと思い込んでいる子の声】。
やっててわかったことは、取りつかれたと思い込む子は何か抱え込んでいることがあるってこと。
だからその言葉を聞くと「親との確執がある」「学校で嫌なことがある」ということがわかったりする。

例えば親との確執で悩んでいる子なんかは「我を閉じ込めるその者たちが気に食わぬ」なんて言い回しをする子もいた。
そう言った時には「ならば汝の求めることはなんぞ」みたいに芝居がかった言い回しをする。
これは取りつかれたと思い込んだ側に、今除霊していると思い込ませるパフォーマンスだったりもする。

後から知った話だけどこういった手法は精神科で使われている場合もあるらしい。
「思い込みをただすのではなく、思い込みを上書きする」って手法らしい。

 

604 :名無しさん@おーぷん :2016/04/07(木)01:45:07 ID:jUP

それで悩みを聞き出して、俺からも説得しようと言いくるめることができたら除霊完了。
家族に「お子さんはこういう不満を持っていて、そこに付け込まれたようです。これからはこのように接してみてはいかがでしょう」という感じで説明もする。
それで終われば万々歳、一番簡単な解決パターンだった。

この時一番重要だったのは、報酬はもらわないこと。
相手を信頼させるためにはこちらが【作業】ではないと知ってもらうのが一番だった。

その為に「お金入りません、私の仕事は困っている人を救うことです。そのお金はお子さんとお食事に行かれてはいかがでしょう」みたいに言う。
中にはそれでも、という人がいるからそういうときは「ではこの場所に小さな神社がありますのでそちらのお賽銭にしてください」といって手書きで地図を描いて渡してた。

他にも【除霊】をするときは必ず相手の家族同伴で、工口いことをしていないとかの証明も重要だった。

 

逆に厄介なパターンもあった。
1つは中二病をこじらせただけの子供。
その頃は中二病なんて名前があったかは覚えていないけど、本人はそれがかっこいいと思っているから思い込みでも何でもない。
年齢特有の痛々しい病気であるということ。

そういう場合は正面から「お前それかっこいいと思ってんの? 」「クラスでバカにされてるぞ」「くっだらねえ妄想だな」といってバカにした。
こうすると激昂するか恥ずかしくなるかの二択で、どちらにせよ特に何もしない。

相手の親の前で「この通り、貴女のお子さんは話が通じます。単純に想像力豊かなようですので作家などに向いているかもしれません。大丈夫、時間が解決してくれますよ」とか言ってた。
恥ずかしがった場合も同様、ただし「若気の至りで煙草を吸ったりすることもあったでしょう、それと同じです。今後このことに関しては触れないようにしてあげてください」みたいなフォローは入れてた。

 

605 :名無しさん@おーぷん :2016/04/07(木)01:51:39 ID:jUP

それで一番厄介だったパターンが、思い込みでリミッター外れたタイプと、本当にやばいタイプ。
リミッターが外れたタイプはこの細腕でどこからそんな力が、ってやつがいた。
当時悪魔に取りつかれたって少女がいたけど、中学生なのにとんでもないバカ力で俺と相手の両親の三人がかりで抑えてやっとという状況だった。

ちなみに相手によって使う道具は変えてて、悪魔だったら聖書だし、幽霊だったらお経だし、こっくりさんとかの動物関係だったら祝詞だった。
そんで悪魔に取りつかれた少女の相手をしたときは相手のお母さんに頼んで胸元に銀の十字架を押し当ててもらって聖水(実はただのミネラルウォーター)を筆で顔に塗りたくって祈りの言葉を唱えたりした。

やっと終わったと思って力を緩めた瞬間、右腕をつかまれて「お前も道連れだ」といわれて折られた。
枝でも折るみたいな感じでばきっとやられたけど、それ以後少女はおとなしくなった。
この時ばかりは報酬代わりに治療費だけ払ってくれということになった。

ただ思い返してみると「道連れなのに腕だけかよ」とか「悪魔なのに日本語なのか」とか突っ込みどころは万歳だった。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,890 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  ,  ,  ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS