2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔に感じた違和感の正体を知ってゾッとした洒落にならない怖い体験

 2016.10.09     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
幽霊の女
この記事の所要時間: 227

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?339

865: 本当にあった怖い名無し 2016/09/28(水) 20:59:48.77 ID:b/ag8RD40
これは私が高校生の時に、実際に体験した話です。
当時、夏休み真っ只中でバイトも部活もやっていなかった私は、毎日遊び呆けていました。
その日も深夜まで遊んで、クタクタになって帰宅し、シャワーを浴びて布団に転がり込みました。
部屋のクーラーは壊れており、窓を網戸にして寝ていましたが、やはり暑苦しく中々寝つけませんでした。

やっとウトウトし始めた時、顔に何か違和感を感じました。
しかし、あまりの眠気に私はそのまま寝てしまおうと思ったのですが、やはり気になるので手で顔を払って、再び眠りに入りました。
すると、また顔に違和感。
私は「ああ、部屋の電気のヒモか。。。」(ヒモを長くして枕元まで伸ばしていた)と頭を横にズラして寝ました。

しばらくすると、また違和感が。
「ヒモじゃない?ハエか蚊だな」そう思い、手で払いのけて寝る。
しかしまた違和感、払いのけて寝る。

そんな事を繰り返しているうちに、顔に触れている物が筆の先端のような物の気がしました。
「これはいったい何だ?」
寝ぼけながらも色々と考えていると、昨晩観た心霊番組を思い出した。
脳裏に、枕元を覗き込む髪の長い女の霊が浮かんできた。

 

866: 本当にあった怖い名無し 2016/09/28(水) 21:02:42.23 ID:b/ag8RD40

すると一気に恐怖心に飲まれてしまった。
「怖い!怖すぎる!間違いなく女の霊がいる!」
そう思いこんでしまうと、もうどうしようもなかった。
「ヤバイヤバイヤバイ!」
そんな事しか考えられなくなり、遂に耐えられなくなった。

部屋の入り口の壁にある電気のスイッチまで転がりながら枕元を脱出し、そのままの勢いでバンッ!とスイッチを押す。
点滅しながら明るくなる部屋を、目を凝らして見つめる。

なにもいない。

やはり気のせいか、とホッと胸を撫で下ろす。
ふと枕元に目をやると、何かがある。
いや、何かが「いた」。
目をこすりながら近づいて確認すると、、、

 

手の親指よりもひと回り大きいゴキブリだった。

私が感じていた違和感は、ゴキブリが何度も顔に登ってきて動き回っていた感触だったのだ。
全てを理解した私は、よく分からない奇声を発しながら洗面台まで早歩きで向かい、何度も何度も顔を洗った。

今までで一番洒落にならない話です。

これを読んだあなた、今夜寝ているあなたの顔にも、
ひょっとしたら、、、、

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1469257258/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:779 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS