2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆の間は夜に死者が集落を歩き回る奇習のある地域

死者
この記事の所要時間: 322

不可解な体験、謎な話~enigma~ Part99

892: 本当にあった怖い名無し 2016/09/30(金) 14:17:02.41 ID:l3sQeoMo0
変な風習とか、村の行事ってここに書いてもいいのかな?とりあえず書いてみるね。
この夏に友達と駅から徒歩2時間ほど距離のある村へ行ったんだよ。
以前友達がすんでいた町?の隣村らしいんだけど、一度だけ子供の頃に変わった行事を見せてもらったのをずっと覚えてたみたいで、オカルト好きの俺らを誘って是非いってみないかってお誘いだった。
その内容が死者が屋外を練り歩く、みたいな話。映画かよって思ったけど面白そうで行ってみたんだ。

大体が記憶違いだったりで終わりそうなんだけど、結果本当だった、みたい。
曖昧なのは暗くって見えにくいのと、距離がありすぎたから。
大分過疎化が進んでて老人ばっかりで泊まるとこがなくって駐在さんに止めてもらったんだけど、そこから見たんだ。
街灯もあるんだけど、ぼんやりしてて見えにくいし位置が離れててさ。ゾンビみたいに歩くんじゃなく、結構普通な感じ。
でもって無音。死んだことを気付かない死者が歩いてる、外に出ると連れてかれる。信じない人も勿論いて、外に出て帰ってこない。信じてる人は恐ろしくて外に出れないので朝まで待つしかない。
で、朝になって探してもいない。なんと次の死者の行進にそのひとらが混じってる。って駐在さんが言うんだよ。

俺らはビビリだから誰も出なかった。朝まで寝れなかったしな。
衝撃過ぎてあんま詳しく聞けなかったんだけど、誰か知ってる人いる?東北地方っす

 

896: 本当にあった怖い名無し 2016/09/30(金) 21:50:37.69 ID:Hvlzkt2f0
>>892
ググっても出てこないの?
東北地方じゃなくて地名教えてよ

 

924: 本当にあった怖い名無し 2016/10/02(日) 13:16:07.50 ID:aPeXUNDb0

>>892
昔読んだ本に似たような話が出てたな。
奇習や奇祭に分類されるような土着の祭りなんかを紹介する本だったけど、どの地方かは忘れた

その地区では、お盆の間は夜に死者が集落を歩き回るんだよ。
『お盆で帰ってきた死者が、懐かしい集落内を見て廻る』って本には書いてあった。
勿論、死者は生き返らない。歩き回るのは死者に扮した家族
『家族の体を借りた死者が集落内を歩き回る』のだそうだ。
歩くのは死者だけで無く、あの世から死者と一緒に来たモノ(獄卒など)が混じっている事もある。

死者や地獄の獄卒達は自分からは話しをしないが、話しかければ答えを返す。
話しかけてしまった人はあのよとの『縁』ができてしまう。
村での扱いは、半死者みたいになる。
次のお盆が終わるまで『物忌み』をして、の冠婚葬祭の『冠婚祭』は遠慮する。

それで次の年に死者に扮して集落内を歩き回る。
お盆が終わったら物忌みが終わるんだそうだ
だからその集落の人は、お盆の間は夜に外に出ない。
もし出るにしても、誰とも口をきいちゃいけないんだそうだ。

 

925: 本当にあった怖い名無し 2016/10/02(日) 13:18:57.31 ID:ryoSypnQ0
>>924
ビンゴっぽいな

 

893: 本当にあった怖い名無し 2016/09/30(金) 15:37:35.88 ID:M3K49pVz0
過疎化を促進させて田舎を乗っ取っていくわけだね

 

894: 本当にあった怖い名無し 2016/09/30(金) 15:42:12.94 ID:jbXccfB+0
南馬宿村かな?

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467343230/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:574 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS