2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」という遺伝子に関する後味の悪い話

 2016.11.12     後味の悪い話     1件     Loadingお気に入りに追加
遺伝子、DNA
この記事の所要時間: 210

後味の悪い話 その166

942: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 16:58:36.64 ID:kXaq956W0

来るとこ来ちゃった…

【衝撃】ヘビの遺伝子をマウスに注入→手足のないマウス誕生!! 理学博士「もちろん人にも応用可能」 | ニコニコニュース

ヘビの進化に関わる、とある驚くべき研究成果が学術誌「Cell」に発表されて話題を呼んでいる。
なんと、ヘビが手足を失った原因は遺伝子のほんのわずかな欠失にあり、それをマウスに導入すると、マウスの四肢も欠損してしまったのだという。

論文によると、ヘビの手足の消失には「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」という遺伝子が関わっている。
ソニック・ザ・ヘッジホッグは生物を形づくる重要な遺伝子の一つで、ショウジョウバエからヒトまで幅広い生物に保存されている。
受精卵が分裂し、胚が発達して形を作る過程で大きな役割を担う遺伝子として古くから知られており、今なお世界中で研究の対象となっている遺伝子だ。

ちなみに、その名前は、お察しの通りゲームの有名キャラクターに由来する。

このソニックヘッジホッグ遺伝子には、「エンハンサー」と呼ばれる遺伝子の発現を調節する領域があるのだが、ヘビのものには他の動物には見られない塩基対の欠失がある。
そこで、コブラの遺伝子から問題の領域だけを切り取って、マウスに導入した。
すると、驚くべきことにコブラのエンハンサーを持つマウスは、ヘビのように四肢を欠損して生まれてきたというのだ。

この論文について、生物学に詳しい理学博士X氏に詳しく見解をうかがった。

「この研究を応用すれば、手足のない犬や猫とか、逆に手足の生えたヘビなどを生み出せる可能性は高い。
そんな犬猫やヘビに需要があるかは分かりませんが。
ただ、この技術を応用すれば、家畜や愛玩動物の体の形を人為的にデザインできる可能性は高い。そしてもちろん、この技術はヒトへの応用も可能です」

 

943: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 18:28:17.33 ID:eX2MEWcyO

>>942
うわあ…
この技術を応用すれば、ギリシャ神話やRPGなんかの怪物も実現可能になるかもしれんな…

ただ生命を弄ぶようで何だかな…

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1473998698/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,506 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:後味の悪い話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連性の高い記事が見つかりませんでした。

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/11/13(日) 00:07:37 ID:Q1MDM5OTI

    この技術の応用で先天的な四肢の欠損を治せるかもしれない。悪いことばかりじゃない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS