2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「山の神」山にまつわる怖い話

 2016.11.18     オカルト・超常現象     1件     Loadingお気に入りに追加
山や森で見た幻覚
この記事の所要時間: 411

【怪奇】山の怖い話【超常現象】その一

912: 山の神(その1) 2016/10/29(土) 03:35:38.14 ID:sYvFQBjL
彼はその日、山を歩いていた。
登山と言う程、本格的ではなくトレッキングと言うのも大げさ。
しいて言うならお弁当持っての日帰り遠足、当然山も高山とか
ではなく丘と山の中間位の軽いものだった。

さて朝、家を発ち山頂ででゆっくりと昼食を摂って夕焼けの中、
山を下る。リュックには弁当殻と水筒、そして最低限の非常食
代わりのお菓子が残っていた。
人っ子ひとり見かけない道の片側は切通し、反対側は沢がある
らしく轟々と水音が谷底から響いていた。「非常食とか大袈裟
だったかな?」 苦笑したその時、彼は何かに突飛ばされた様に
転んでしまった。

思わず振り返ろうとしたのが災いして体が回転し彼は沢の方へ
転げ落ちてしまった。谷底へ落ちる事こそ免れたが途中の崖に
へばりついた形で何とも身動きが取れない。
両の軍手は薄の把を掴み足は湿った土の僅かな窪みで体重を支
え、轟々たる沢音が遥か下方から一層大きく響いている。

しばらく声の限り助けを呼んでみたが誰一人応える者も居ない。
足場は脆くいつ崩れるか気が気でないし汗ばんだ軍手も少しずつ
だが確実にズレてきている。軽くなったとはいえ肩に喰い込む
リュックの重みも時が経つにつれて堪えてきた。

 

913: 山の神(その2) 2016/10/29(土) 03:38:26.60 ID:sYvFQBjL
兎に角まずは身軽になる為に彼はリュックを放棄する事にした。
足場、手掛かりの何れにもショックを与えぬ様に片手を離し、
肩紐を抜く。口でズレてきた軍手を咥え上げもう一度、手掛りを
確保する。もう片方の手でも同じ様に肩紐を抜きリュックを落し
再度手掛りを確保しようとした時、彼は驚きのあまり崖から滑り
落ちそうになった。

リュックの落ちて行った先、丁度沢の当りからこの世の物とも
思えぬ 「ごぉおおおお~っ」 という叫びとも唸り声ともつかぬ
地の底から湧き上る様な咆哮が聞こえてきた。
下を確認する余裕などないが、そこにこの世の物ならぬ「何か」
がいる。空腹のヒグマか牛頭馬頭か、野太い咆哮からして
そいつは巨大で凶暴、友好的とは程遠い存在なのは確実だ。

身動きもままならない状況で彼が絶望しかけた時、上の道から
彼のすぐ横にするすると一本の藁縄が下りてきた。
「助かった。ありがとうございます!」 真新しい縄をつかんで
確かめるとかなり確りとした手応えが返ってきた。
「登ります。放さないで下さい!」彼は一か八かで両手で藁縄を
掴み崖を這い上がり始めた。縄の持ち手が一言も返さないのは
気になったが、下には激流に飲まれるか「何か」にとっ捕まって
頭から喰われるか、絶望しかない。
どんな淡い希望でもこの藁縄に賭けるしかなかった。

 

914: 山の神(その3) 2016/10/29(土) 03:40:55.13 ID:sYvFQBjL
幸いにも無口ながら藁縄の救助者は確りと救助を続けてくれた。
力が掛ると僅かに手応えが変わり、縄の反対側が樹木等に縛り
付けられているのではなく、誰かが確りと保持してくれている
のが伝わってくる。もう少し、あと一息、で道の端に肘が掛り
道が見渡せる様になるその時、縄の手応えが フッ と消えた。

「うわあっ!」危うく落っこちかけた彼は何とか両手と両肘で
道にしがみつき危うく難を逃れた。
「なんて事するんだ!危ないじゃないかっ!」
這う這うの体で道にズリ上って彼は怒鳴った。
押し包むように迫る夕闇の中で彼に答える者はいなかった。

急斜面の中腹を切通して作った幅1メートルも無いような細い道。
前後には誰もおらず、まして左右の崖や渓谷に逃れる術もない。
「えっ?」彼はふと気づいた。縄を登ってる時、何度見上げても
一度も縄を引き上げる人影を見なかったが、そもそもこんなに
狭い道で、姿を見られる事無く成人男性を引き上げる事など
およそ人間業ではない。
そして傍らに落ちている物体の正体に気づいた時、彼は恐怖の
あまり麓の方向へ走り出していた。
それは、ボロボロに腐った藁縄の切れっ端だった。

終バス、終電を乗継ぎ彼が常夜灯の灯る我が家に帰ったのはもう
夜半過ぎだった。新婚の妻を起こさぬ様、そっと寝室に向かうと
今日一日の出来事がまるで夢であったかのようにスースーと妻は
小さな寝息をたてて寝ていた。その妻の柔らかな髪を慈しむように
手櫛で漉いた彼は、今度こそ腰が抜けてへたり込んでしまった。
彼の指には小さいけれども紛う事無き朽ちかけた藁の繊維が一本。

 

引用元: http://hanabi.2ch.sc/test/read.cgi/out/1467637898/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,054 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/11/18(金) 20:38:58 ID:E2NDczNTM

    こわいな。ころばしといて助けるなんざふざけたエゴイズムだな。オナニしてネよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS