2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【洒落怖】道端に落ちていた靴

 2016.11.17     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
靴、ハイヒール
この記事の所要時間: 911

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?342

454: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 23:47:45.87 ID:WzjNEpLx0

少し長くなるけれど、
自分が体験した話をちょっとだけ聞いて欲しい。
いや、聞いてくれなくても書くのだけれど。

この間、一人旅に行ってきたのね。車で。

旅といっても、基本的に金がないから、
下道使って道の駅とかカプセルホテルとか
24hの風呂施設とかを使ってブラブラするような感じなんだけど、
そういうのに慣れてるので普段通り楽しんでた。

んで、4日目の夜だったかな?
秋田から青森だったか宮城から青森だったか忘れたんだけど、
津軽街道(確かあってるはず)ってところに入ったんだけど。

この道が、坂道でうねるわ狭いわ街灯もミラーもロクにないわ
自分の他に走ってる車もいないわな、田舎にありがちな酷い山道で。

でも、そういうのにアホかよってツッコミ入れながら走るのも楽しいので、
Twitterに上げるネタになるななんて考えて走ってたんだけど、
カーブで減速した辺りだったか、とにかくライトで照らされた先の道端に、
靴が一足落ちてるのに気が付いたんだよ。

運転する人なら一度や二度は見たことあるんじゃないかと思うんだけど、
車が走る道端に何故か落ちてる靴。アレ。

 

455: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 23:50:08.57 ID:WzjNEpLx0

でも、街中でも不思議だってのに、山の中なら尚更意味不明になる訳で。
まぁ、ちょっと良からぬ想像とかしちゃいつつも、
だからと言って何をする訳でもなく、そのまま車を走らせてたんだけど。

ふとまたライトの先に影が見えて、
鹿か何かと思ってブレーキ気味で進んでたら、
人が立ってたんだよ。左車線真ん中辺りに。

いや、普通に人。普通の顔。普通の格好。
どう普通だったかって言われる難しいんだけど、
スカートじゃなくて、TシャツじゃないけどTシャツみたいな
女の人が着てるようなやつ(何て言うの?あれ)着てて。
まぁ、街で見ても特に何も思わないよねっていう見た目。
あ、言い忘れたけど女ね?

で、まぁ、まずビックリするじゃない。
こんなところで何してんのって。

んでもって、あんまり良い想像はできないよね。
事故か故障か。悪いと事件か。

どっちにしても旅の途中にロクなことにならん訳ですよ。
とはいえ無視して行くわけにもいかないのでそこで車停めたんだけどさ。

その女の人、片足靴履いてないのが目に入ってさ。
まぁ、思い出すよね、さっき落ちてた靴。

 

456: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 23:51:42.84 ID:WzjNEpLx0

ああ、もうこれロクでもないことでほぼ確定だなと。
警察沙汰だ多分とか思いながらも、
小心者なのでヤーサンだのヤンキーだの出てきたりしないか確認して。

とりあえず携帯持って車を出ようとしたら、ホント突然、
その女の人が走りこんできたのよ、車に向かって。
んで、何を思ったかフロントの前方にバン!と突っ伏してきて。

呆気にとられる俺。でも、そんなのお構いなしに、
フロントガラス手前まで伸びた手が何度もバンバンって車のフロントを叩くんだよ。

正直意味が分からない。
いや、そのときは何か色んなことを考えたような気もするんだけど、
人間こういうときはまずは「やべぇ」って気持ちが前に立つのか、
意味が分からないなりに、ドアの鍵をまとめてロックしてた。

でも、状況が変わるわけでもなくて、
え? これどうすりゃいいの? って呆然としてる俺の前で
バンバン音を立てて両手が暴れる。
ハタから見てたらシュールな光景なのかもしれないけど、
目の前で見てる本人にしてみたらたまったもんじゃない。

明らかにおかしいけど、アクセル踏んだら人身だし、
バックして離れようにも振り落すことになるし、
あとは外に出て引っぺがすかなんだけど、
いやもう断言する。無理。

んで、そんなこんなの状態のまま少し経って、
ようやくフロントで暴れるのをやめたんだけどさ、
今度はズリズリと動いてくるわけ車なでる様にして。

ドアの方に。

 

457: 本当にあった怖い名無し 2016/11/07(月) 23:53:19.93 ID:WzjNEpLx0

いやもう勘弁してくださいって気持ちになるよね。
鍵かかってるっけって、さっきロックしたばかりなのに
何度もロックの方に押し込んだのを覚えてる。

で、案の定ガチャガチャやるわけ。ドア。
もう、これ、別の意味でヤバイと思って、
ここにきてようやく警察呼ぶべきだと思い至って。
携帯を取り出したんだけど、ソレを見たからなのか、
それともたまたまなのか、急にドアから離れたのよ、その女。
しかも、車後方の林の方に。

人間てな不思議なもんでさ。
もう、ここは躊躇いなくアクセル踏んでこの場を離れるべきなのに、
つい見ちゃってたのよ。何してんだ?って。
いや、それまでの行動が意味不明だったから、
気になっちゃってたのかもしれないけど。

でもさ、すぐに思い直したたね。だってさ、その女。
林の中で何してんのかと思ったら、
両手に抱えるくらいの石持って、こっちにまた歩いてきたんだよ。
それなりに重量ありそうなのに、結構なスピードで。
しかも笑顔で。

正直、キチガイじみた顔してくれてた方が良かった。
何ていうか、それならまだ何ていうかそういうもんだって思えるじゃない?
でもさ、奇行を繰り返して、フロントバンバン叩いて、
ドアガチャガチャやって、果てはデカイ石持って歩いてくる変人が、
普通の顔で、普通に笑顔で歩いてくるんだよ。
もう、怖ぇ以外の感想でてこねぇよ。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,214 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS