2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

祖父から相続した村にまつわる不思議な話

 2017.01.19     オカルト・超常現象     5件     Loadingお気に入りに追加
不思議な夜
この記事の所要時間: 419

ほんのりと怖い話スレ 122

598: 本当にあった怖い名無し 2017/01/12(木) 07:17:38.48 ID:uhb5ZeWP0

怖い話というかまあ不思議な話かもしれん
出だしの一本は怖い話の舞台裏
次の一本は憶えているもんなんだねってお話

俺が祖父から相続した土地の中に村がある
この村の名前に怖い話を足して検索するとそこそこ出てくるんだが
実はその犯人は既に書類送検済みで示談による不起訴が決まってる
犯人というのは村が町に吸収合併された後の町議会議員様の元秘書となったその息子
結局真相解明には至らなかった
正確に言えば真相解明を避けたい向こう側が多額の慰謝料を積んできたので暗闇へ
変な話のせいで不法侵入者が多発するようになったからその対策費用とかで出費があったのは事実だけど
そういう事を加味しても多額過ぎて、大半が贈与に認定されて贈与税支払う羽目になったほど

当時依頼した弁護士の話によれば
その町議会議員を飼っている(推測らしい)県会議員の所有地と俺の村とが
中堅飲料メーカーの工場移転計画の候補地になっていて
村は俺の他に一人しか所有者がいないという状況でほぼ統一されていて用地取得がやりやすいが
むこうは工場用地の面積確保しようとすると結構権利者がバラバラで面倒だからという理由で大分不利な状況だったらしく
怖い話として無人村落の話を流すことで良からぬ人間に都合の良い場所の情報を流布し
自殺の名所なり犯罪者の隠れ家になるなりとしてくれれば補いきれない不利をどうにか出来るとでも考えていたのではないかとさ

このメーカーの移転計画が正式にこっちになって落ち着いたのとは別の問題も当時は多々あった
先程のでっちあげの怖い話のせいで増えたのは肝試しという名の窃盗犯の数々で
最初の頃は戦利品と称して盗んだものをHPやブログ、SNSで公開する阿呆が多かったが
これらはそのページを証拠としてもう一人の権利者と二人で警察に訴え出て一つ一つ潰していった
例外的に新しい作り話を混ぜて公開したのには捏造した話は自作だったと謝罪文を該当記事に書かせ
それらを転載した先にも作り話を流布したことへの謝罪の掲載もしくは削除を迫るようにしていった
程なく残ったのは村の実名の部分をぼかしたものだけとなったが
依然として不法侵入者対策の警備や監視装置コストがかなり頭の痛いものとなっている

次もこの村にまつわる話

 

599: 本当にあった怖い名無し 2017/01/12(木) 07:22:28.72 ID:uhb5ZeWP0

やがて、何も問題のない村に来て本当に何かが見えた聞こえたと称する人達が好奇心の対象になった
変な話なんだが警備が捕まえた不法侵入者達と地権者として会う面談が趣味に
大層お怒りの地権者が来ると身構えてた連中の殆どは
叱りの言葉は冒頭でしか言わず後は村での体験を根堀葉掘りきいては興味深そうにする俺が不思議だった筈だ

ある日、久方ぶりに窃盗事件があって片付いたという報告があった
盗まれたものは盗んだ当人に言わせれば妙に小綺麗で
まるで自分はまだ使われたいと訴えかけているかのような掛け時計
車に持ち帰った後で監視カメラだったと気づいて放り捨てて壊したそうだ
被害者としてそのお嬢さんと対面して示談交渉を終えたんだけれども
その帰り道に警備会社の担当者が何かを言いたそうにしていた
話をきくと村に赴任した担当者が短期間にそこそこ変わったのには実は理由があると
一体全体何があったのかときいたら、やけに侵入されている家で変なものをみるんだと
そこで、詳しい話を是非ともその元担当者から聞いてみたいと頼み込むと日当を出すなら仕事として承るとのこと
ここまでわくわくさせられて一人あたり二万数千円の余計な出費を惜しむはずもない
実際に二名と会ってみるとどちらもほとんど同じ事を言う
幽霊やら変なものを期待していた俺はその見たものを聞いて呆気にとられた

その話を聞いてから俺は色々と思索にふけってから行ってみることにした
大学のダチの何人かに肝試しだと声をかけて男3女2のグループで向かった
警備員が鍵をあけて中に入ると淋しげな旧家といった具合だった
俺達はそこの居間で何か起こるかわくわくしながら酒盛りをはじめた
帰り際、女子二人があの家の由来について根掘り葉掘り聞き出そうとしてきた
何かあったのかと聞くと、深夜に怖いからと二人でトイレにいくと
その帰りにいろいろなものを見たという話だった
もれるからと父親を急かす子供の姿や土間で楽しそうに料理の最中の割烹着の女
極めつけは俺達が眠る居間の囲炉裏をかこんで談笑する家族の姿
最初こそ怯えたものの見えるのは温かい日常ばかりで怖がる気持ちすら忘れたそうだ
この家はきっと住むものを愛していて今でも思い出しているんだなと感じた

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1482217947/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,375 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2017/01/20(金) 01:20:29 ID:A5NDgyOTY

    読みづらい・・・

    • 名前: 怖い名無し
    • 投稿日:2017/01/20(金) 07:14:58 ID:E2MjE3OTg

    せめて句読点をお願いします。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2017/01/20(金) 16:06:03 ID:AxMDQyNjU

    家は住人(の生活や出来事)を記憶してるからな。
    てかこの程度で読みづらいなら書籍だけ読んだほうがいいよ。

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2017/01/22(日) 15:15:40 ID:U3NjMyODU

    日本語の勉強しような。

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2017/01/22(日) 15:16:01 ID:U3NjMyODQ

    大学に入る前に日本語の勉強をしような。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

怖いコピペSNS