2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マンションの鍵」不可解な体験、謎な話~enigma~

 2017.01.18     その他の怖い?話     1件     Loadingお気に入りに追加
合鍵
この記事の所要時間: 456

不可解な体験、謎な話~enigma~

889: 光優会OB 2017/01/13(金) 10:34:38.07 ID:CG8iHrGP0

俺は小3の時、オートロックのマンションに引っ越した。
鍵は持たせてもらえず、帰ってきたら表玄関の横のプッシュボタンでママに開けてもらっていた。
俺はこれが不満で、自分で鍵を開け閉めするようになりたかった。
両親にも再三言っていた。
ただし俺はこの時点で、いつも鍵を母親が開けてる事をまだ知らなかった。
インターホンの前に立ち、部屋番号を押せば(自動で)表玄関も家の玄関も鍵が開くと思っていた。
そう勘違いしたうえで「俺も鍵でドアを開けられるのに!」と思って、憤っていた。

だから、家へ入った時点で家に俺以外誰も居なかったとして、俺はそれを露ほども不審に思わなかった。
だって、人間が室内から開錠キーを押して、表玄関のドアを開けてるなんて知らなかった。
家の玄関のサムターンも、人間の手でしか開けられないのを知らなかった。
当時珍しかった、チェーンが付いてないタイプのドアだった事も、俺の勘違いに拍車をかけていた。
余談だが、友達の家(一戸建て)の玄関のドアは、外からボタン操作するとサムターンが自動で動くタイプだった。
そのドアにもチェーンは付いてなかった。

 

890: 光優会OB 2017/01/13(金) 10:36:54.09 ID:CG8iHrGP0

その日は、母親の勘違いもあって、何事も無く終わった。
その勘違いとは、俺がスペア(我が家にとっての)の鍵を勝手に持ち出して学校に行っていた、というものだった。
その勘違いが発覚したのは翌日の朝。
朝の出かけ際、母は俺に「今日は鍵を持って行かないでね」というふうな注意をした。
そこで俺が何の気なしに、スペアの鍵を勝手に持ち出した覚えなど無い、と伝えた。
すると急に、母親から昨日の経緯を詳しく問い質された。当然だが俺は、ボタン押して入ったとしか伝える事が無い。
既に父親と兄貴は家を発っていて、俄かに慌しくなった母親と二人きりで過ごすのはつらかった。
母親が、スペアの鍵がどこにあるか確かめたところ、実はまだ母方の実家(車で約2時間の距離)に置いてあった事が判明。

それから鍵持ってる親族全員に電話とか、管理会社に電話して鍵の交換とか、慌しい感じになった。
ベランダも含めて、盗られたものや壊されたものは一つも無かったけれど、何者かが家の中に居た。
しかも、戸締りしたままの室内に居た。そして、忽然と去った。
誰が、あるいは何が、ドアを開けたのか、俺を招き入れたのか、ずっと分からずにいる。

余談だが、俺は今もここに住んでいる。しかも一日中、過ごしてる。昨年11月に失業して以来、ニ○トだから。
俺の朝の10時から11時の間、とにかくだいぶ暖かくなってから始まる。コタツなう。甘いミカンを貪るなう。
最近よく、ここに引っ越して来たばかりの頃を思い出すなう。

 

891: 本当にあった怖い名無し 2017/01/13(金) 14:38:40.00 ID:B4gWxK0A0
自分アホだから3回くらい読んでようやく分かった
伏線張ってる小説みたいでなく、もっと伝わりやすい書き方してくれよ
ママと母親は同一人物でいいんだよな?

 

893: 本当にあった怖い名無し 2017/01/13(金) 14:58:32.81 ID:dBGRs+th0
>>891
俺もそれが伏線なのかと読んでいたらなにも無かったでござる

 

895: 本当にあった怖い名無し 2017/01/13(金) 16:00:13.10 ID:B4gWxK0A0

直したらただの不法侵入になった

俺は小3の時にオートロックのマンションに引っ越したが、鍵は持たせてもらえず
帰ってきたら表玄関のインターホンで部屋番号を押して母親に開けてもらっていた。
俺はインターホンで部屋番号を押せば(自動で)表玄関も家の玄関も鍵が開くと勘違いしていて
いつも母親が家の中から操作して鍵を開けている事を知らなかった。
勘違いした上で、インターホンではなく鍵で開閉したくて両親に鍵をねだっていた。

ある日、いつも通り部屋番号を押して家へ入ると、中には俺以外誰も居なかった。
もちろん自動で鍵が開くと思ってる俺はそれを露ほども不審に思わなかった。
後に帰ってきた母親は家にいる俺を見て、普段から鍵をほしがっていた俺が
スペアキーを勝手に持ち出して学校に行っていたと思ったらしい。

翌日の朝、出掛けに母は俺に「今日は鍵を持って行かないでね」というような注意をしたため
「スペアの鍵を勝手に持ち出した覚えなど無い」と伝えると、母親から昨日の経緯を詳しく問い質された。
当然だが俺は「インターホン押して入った」と伝えた。
それを聞いた母親が急に慌ただしくなり、スペアの鍵がどこにあるか確かめたところ
実は母方の実家(車で約2時間の距離)に置いてあった事が判明。

つまり昨日何者かが戸締りしたままの室内に侵入し、帰ってきた俺に対して鍵を開け、去っていったようだ。
母親は鍵を持ってる親族全員に昨日家に来たか確認の電話をしたり
管理会社に電話して鍵交換したりなど、更に慌しくなった。
幸いベランダも含めて、盗られたものや壊されたものは一つも無かったが
泥棒だったのか霊現象だったのか、今でも分からないままだ。

>>893
それな
わざわざ分けるから何か意味があると思ったわ

 

引用元: http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1475847844/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:809 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2017/01/18(水) 01:34:13 ID:g2NjcxMTg

    除霊法。

    お金とか、食べ物とか、「要る物」を捨てる。

    昔から、「お供え」ってそういう物。

    何時、どこで、何をしたら、祟りから許されたとか、そういう物は、要る物をその時に捨てたから。

    客観的思考、他人は悪意を以て、接してくるから、悪意を持って接する。

    客観型は、他人の欲しい物の逆の事をやる。

    助けてほしい→助けない。

    居るのは、お金じゃなくて、命だったら、お金をくれる。

    喜んだ人を、凹ますのが、客観型なので、地獄では、お金を他人にあげることで、その他人に攻撃が集中して、助かる。

    命が欲しいなら、お金とかを他人に譲る事で、寿命とかを買える。寿命を減らす、霊に一時、許される。

    要る物、どうぞ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

怖いコピペSNS