2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間違えた餅の切り方

 2014.11.28     恐怖体験談     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 116

これは、私の身におきた恐ろしい出来事です。

 

私は、夜中に空腹のため目がさめた。

しばらく、布団のなかで何か食べようか、それとも空腹を堪えて寝てしまおうか逡巡していたが、ふと近所からおすそ分けしてもらった餅が冷蔵庫にしまってあることを思い出し、起きて台所へ行った。

電気をつけようとしたが、もともと切れかけていた蛍光灯はとうとうきれてしまったらしく電気はつかない。

しかしまあ、蛍光灯の明かりはなくとも、薄暗い小さなランプのあかりでも餅を切って焼くくらいなら問題なかろうと判断して、冷蔵庫から餅を取り出した。

 

包丁で餅を切り分けようとしたが、いつもならすうっと切れるはずの餅がその日に限って切れない。

冷蔵庫にしまって置いたから冷えて固くなりすぎてしまったのかな、と考えた私は手にさらに力をこめて切ろうとした。

しかし、餅は頑なに包丁の刃を拒んだ。

いらついた私は包丁の背に手をあててぐいぐいと押すようにしたが、餅には筋ひとつつかなかった。

1、2分格闘しただろうか、私はついに握りこぶしをつくりそれを包丁の背にどんどんと打ちつけ始めた。

しかし、それでも餅に包丁の刃がめり込むことはなかった。

 

ふと、背筋に寒気のようなものを感じた私は薄暗い明かりの中で手元を良く見た。

 

私は、包丁の背を餅にあてていたのだ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,857 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/13(土) 01:16:34 ID:U3Nzc2MTk

    包丁の刃が手にめり込んでるのに何で痛みを感じないのさ どう考えてもおかしい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

怖いコピペSNS