2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電灯が消えるとともに

 2014.11.30     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 149

俺の昔の話です。

当時まだ若かった俺は、夜遊びが好きで毎日のように1時2時まで外で友人と遊んでいました

 

その日も、いつも遊ぶ場所で友人のTと夜更けまで遊んでいました

いつもなら、2時には家に帰るのですが、その日は1時30くらいから近くのコンビニにいったため、3時前でもまだ遊んでいました。

場所はゲーセンの近く、12時にはゲーセンが閉まり、その後いつも2時くらいまで遊ぶのが日課。

その日は、コンビニにいったため3時前、

「そろそろ帰るか」

「そうやなー」
といっても別に帰っても寝るだけ…

なぜか夜更けになればなるほど話しに華が咲き、時計をみると2時58分、

「あ~マジに帰るわ」
そういって友人はそそくさと車に乗り帰りました。

僕は車に乗る前に、タバコを吸いながらぼ~としてました。

横には電灯が光り、それに群がって虫がブンブン…

その時、3時を回ってすこし…5分くらいたったのかな?

電灯が消えました。

俺の周りでは、この時間に電灯が消えるのはめずらしいことではないので、別におどろきはしなかったけど恐怖はその時に俺に襲い掛かりました。

 

消えてすこし青くなってる電灯の下に、髪の長い女の人らしき影があるのです!

電灯までは2mくらいしかなく、ずっと俺一人しかいなかったはずなのに、電灯が消えるとともにその影は現れたのです。

 

俺はさすがに

「な!!う…ううう…うわ…」

と声をあげいそいで車に乗り込みその場を離れました。

 

ライトでてらした電灯の下には、一瞬だけ女の影がうつりすぐ消えました。

アレは、なんだってのでしょう?

俺と友人をずっと見てたのでしょうか?

俺が一人になってから来たのでしょうか?

そのことがあってからあの場所には行ってません。

何人かにこのことを話したのですが、関係ありそうな話は結局一つもきけませんでした。

ただ今も電気を消す瞬間は……恐怖…ですね

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:149 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

怖いコピペSNS