2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終末期の患者さん|死ぬ程洒落にならない話

 2018.01.07     恐怖体験談     4件     Loadingお気に入りに追加
病室
この記事の所要時間: 217

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?

347: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)00:18:43 ID:kIw

看護師してた時の話。
勤めていた8年間、幽霊を見る事はおろか誰もいない病室のナースコールが鳴ることもなく残念ながら(幸い?)退職。
でも1つだけ今でも気になっている話がある。
終末期の患者さんがなくなって思い出話をしていた時、なくなる数日前に担当した同僚がぽろっと話した。
その患者さんはせん妄が出ており、ベッドの上でごそごそ動いてはうわ言を呟いたり叫んだりしていた。
叫ぶ内容はお母さんが来ている(すでに鬼籍)、夜にめざましテレビがやっているはずだから見せろなど微笑ましいものばかり。
その日は同僚が巡視で起こしてしまい、患者さんは夜中に叫び出した。

「そのおっさんは誰や!どっか行けー!
おっさんあっち行けー!ぼけー!」

同僚は70代のおじいさんがおっさんおっさん言うのがおかしくて仕方なかったらしい。
そういえばなだめるのが大変だったね、とみんなで笑って患者さんを偲んだ。

 

348: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)00:20:11 ID:kIw

勤務メンバーは毎日変わってまた同じ話になったけど、前と話の方向が変わったんだ。
なくなった患者さんの部屋は、口の悪い患者さんが「あの部屋に入ったら最後!死ぬで!」と言う個室の内の1つ。
術後や個室希望の普通の患者さんも入るんだけど、たまたま終末期の患者さんが続いていたと思う。
その中には確かに50代の男性がいた。

「まぁおっさん言うても私らからしたらやで?」
「でももしかしたらその人が見えてたんかな」
「連れてかれたんですかねー」

終末期の患者さんが重なると何故か立て続けになくなる事が多くて、それを職場ではよく「連れて行く」と言っていた。でも別にオカルト的な意味じゃなくて、誰も本当に患者さんが連れて行くとは思ってなかったし、冗談みたいなものだった。
あと、いるはずのない家族や知人がいる、そこに誰かいる、天井に女の人がいる、黒い人がいると訴える患者さんは他にもいる。
だからいつものささいな笑い話のはずだった。
でも後から考えてみると、家族や知人以外の何かが見えている人に「それってどんな人?」と聞くと、幻覚だからかそれ以上具体的に答えられないんだ。
その患者さんだけが最初からおっさん、と言ったのが今でも気になってる。

 

引用元: http://toro.open2ch.net/test/read.cgi/occult/1395334657/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:4,717 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/08(月) 08:28:36 ID:M1NjE4OTg

    微妙、しかし看護師の文章って何でこんなにイライラが伝わってくるんだろう。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/12(金) 19:37:01 ID:AwMjUxNzE

    まあ末期なんだから立て続けになくなるのは不思議なことではないな
    黒い影とかも痛み止めのモルヒネとかによる幻視だけど、見えること自体は本当だから、恐怖の対象であることには変わりない

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/03/22(木) 00:31:05 ID:YzNTQ5NDk

    ※1
    すごいな。難癖以外の何物でも無い

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/03/28(水) 11:15:08 ID:g1MjIwMjQ

    >イライラが伝わってくる
    どこかわからん。いや、マジで。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年5月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

怖いコピペSNS