2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山道をおりてくる二人連れ|山の怖い話

 2018.01.09     オカルト・超常現象     2件     Loadingお気に入りに追加
山にまつわる怖い話
この記事の所要時間: 148

【怪奇】山の怖い話【超常現象】その参

162: 底名無し沼さん 2017/11/06(月) 19:41:31.47 ID:Zhp5zsde

こんな話もある。
場所はふせる;時代は、1980年代前半

オレたち三人は山頂に到達するまでに野営するつもりで歩いていた。
夕方近くに、山道をおりてくる二人連れとあった。
小学生低学年くらいの女の子と母親と思われる女性だった。
軽い山歩きの格好をしていた。
挨拶をしてちょっと話をした。

「お二人で登山ですか?」オレ
「そうなんです、この子に山を見せたくて」女性

「これからの下山だと暗くなってしまうのでは?」オレ
「だいじょうぶです。麓まで祖母が迎えにきてくれますから」女性

その女性は、少女に、お兄さんたちにおあげなさい、とうながした。
少女は、自分の小さなリュックからビニール袋に入って饅頭を三つ取り出して、袋をつまんでわたしてきた。
オレたち三人は袋を持って受け取った。
「それでは」と女性は言って、少女を連れて道をおりていった。

「これからだと、どうやっても暗くなるだろう」と利発な友人と話していたら、後ろで、拳銃マニアの友人が鋭く低い声で言った。
「おい、この饅頭を食べるな!」
利発な友人とオレは、えっ?と思って饅頭を掴んだら、熱っつ熱。蒸したばっかりのような熱さ。
山からおりてきた人の背負っていたリュックからひょいと出した饅頭がどうしてこんなに熱いんだ!?

そういえばおかしい。これから下っても絶対に暗くなる。
「祖母」ってだれだ?あのお母さんの祖母という意味か?それとも女の子の祖母か?
あの人達は、今日、朝から登っておりてきたのか?山頂まで行ったのか?あれで?
オレたちは饅頭を穴を掘って埋めて、足早にそこを立ち去った。
持ち帰って調べるということはしたくなかった。
彼女たちが戻ってくるのではないか?と考えると怖かった。

 

引用元: http://matsuri.2ch.sc/test/read.cgi/out/1505479893/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,652 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/10(水) 16:49:05 ID:ExNTcxNTg

    その饅頭を食べたら不老不死だったのにね

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/16(火) 18:03:47 ID:A0NjY3ODA

    インドだかのレベル4悪霊の話を焼き直したみたいな話だな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

怖いコピペSNS