2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写ルンです」にまつわる怖い話

 2017.12.30     オカルト・超常現象     4件     Loadingお気に入りに追加
キャメラ、レンズ、写真
この記事の所要時間: 634

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?347

976: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:18:15.07 ID:YVy4uP0C0

写ルンですって知ってる?今もあるのかな?おっさんの俺がガキのころ流行ってた使い捨てカメラなんだけどさ

ダイヤル?みたいなのを手巻きしてフィルムをセットしてシャッターボタンを押したら写真が撮れる簡易カメラね
一枚撮ったらフィルム巻いて新たに撮れる仕組みになってんのよ

でさ写ルンですってシャッターボタン押さなくてもシャッター切れるって知ってる?

フィルム巻いてセットしたら掌で写ルンですの底部を叩くと写真が撮れるのよ
まぁ当然ピントのあってないブレブレの写真になるんだわ

でね…
霊感の強いヤツがこれやると「念写」出来るの知ってる?

 

977: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:19:55.53 ID:YVy4uP0C0

当時オレのまわりでこの「念写」が流行ってさ…
見たい場所や探し物を念じながらこれヤルとね…ブレブレの写真の中に一部ピントのあった実際にそこには無い物が撮れるのよ…
※零感の人がやっても撮れなかった

オレさ…そこそこ霊感があってね…高確率で「念写」に成功してたんだ…
しかも具体的に「念写」出来てたのよ…
例えば「失くした財布の場所」って念じながらやると財布が今ある場所が写ったり(机の引き出しの中が写ったり)してたのね…

ある時ね…友達のお祖父さんが行方不明になってね…
3日ぐらいして友達が写ルンです持ってオレん家に来たのよ…
「祖父ちゃん探してくれ」って泣きながらね…

人捜しの「念写」なんてやった事なかったんだけどね…
友達が祖父ちゃん子だったの知ってたしさ…オレも可愛がってもらってた祖父ちゃんだったから快諾した…

で…「念写」したのよ…
フィルムを一巻きして祖父ちゃんの居場所って念じながら写ルンですの底部を叩いたのよ…

カシャ!カシャカシャカシャ!

一回しか叩いてないんだけどね…
4回シャッターが切れた
ダイヤル?とか巻いてないんだけどね…連続でシャッター切れてんの…

 

978: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:22:14.90 ID:YVy4uP0C0

今迄そんな事なかったからオレびっくりして「えっ?」ってなってたんだけど
友達は大喜びでオレから写ルンです奪いとってね…
「ありがとうありがとう今から現像持って行く」って御礼言うのよ…

オレも連続してシャッター切れたのが気になったから一緒についてったの

夕方だったけど写真屋さんに無理言ってすぐ現像してもらってさ…
写真ができたのは暗くなってからだったよ…

出来上がった写真を一緒に見たんだけどさ…

一枚目は真っ暗な写真の中央辺りに小さく薄っすら見える祖父ちゃん…

二枚目は結構大きな川辺に座り込む祖父ちゃんらしき人物…

三枚目は黒く艶光りした立派な二つの門を見上げる祖父ちゃん…

四枚目はオレンジ色にボヤけて見えづらいけど何本かの痩せ細った腕…

なんかさ…薄気味悪い写真ばっかりでさ…全然意味わかんないし「何これ?ここ何処?」状態だったのよ

友達も写真見ながら「祖父ちゃんどこ居るんだろ?」って悩んでたんだけどね
「とりあえず明日二枚目の川を捜しに行こう」って言って別れたんだ…

 

979: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:25:00.76 ID:YVy4uP0C0

家に帰って布団に入ったんだけどさ…
なかなか寝付けなくてね…正直写真が気になってしょうがなかった…

友達には言わなかったんだけどさ…
二枚目の川面に不気味な顔が沢山あるように視えた…
三枚目の門にはグチャグチャに書き殴った経文?みたいな文字が書いてあった…

「あれ何だったんだろう?」まぁ…明日もう一度見せてもらおうって思いながら無理やり寝たんだ…

だけどね…

その夜ね…

そいつん家が火事になってね…

一家全員死んじゃった…

翌日警察と消防で身元照会して一家全員で間違いない事が解ったんだけどさ…

焼死体の中に祖父ちゃんも居たらしいんだよね…

オレが「念写」した写真に写った場所ってどこだったのかな?
祖父ちゃんどこに居たのかな?
何で火事になったんだろ?

 

980: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:26:32.25 ID:YVy4uP0C0

あれはホントに祖父ちゃんだったのかな?
って相当悩んだよ…

二十年以上経った今思うのよ…
四枚の写真が撮れた事も写ってた景色も意味があったのかもって…

「念写」のせいで友達家族が呼ばれちゃったのかな?

もちろんオレの思い込みってだけかも知れないけどね…
オレと別れた後で祖父ちゃん帰ってきたのかも…たまたまその夜に火事になっただけかも…

だけど噂で聞いたんだ…
逃げようとしてる家族の下半身を祖父ちゃんが捕まえてるような状態で発見されたってね…

生きてるか死んでるかもわからない人間相手に「念写」した結果がこれ…

念写した四枚は火事で焼けたと思う…全焼だったしね…
まぁ残ってても二度と見たくないけど…

あれからオレは「念写」を一度たりともやってない

 

981: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:27:57.91 ID:YVy4uP0C0
あんまり長くない上に怖くなかった…ゴメンね

 

982: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:40:25.70 ID:cFZ+x7lw0
>>981
期待したような話では無かったけど面白かった
つか興味深い
今も写ルンですあるからやってみなよ

 

985: 本当にあった怖い名無し 2017/10/13(金) 21:57:15.97 ID:YVy4uP0C0
>>982>>983>>984
ありがとね
念写は興味本位でやるのはオススメしないよ
オレみたいにならないでね

 

990: 本当にあった怖い名無し 2017/10/14(土) 16:06:44.85 ID:c0+NnZz80
>>985
ちょっと分かんないんだけどいなくなったと思ったじいちゃんが実は家の中にいたってこと?
友達は何で気付かなかったの

 

991: 本当にあった怖い名無し 2017/10/14(土) 17:41:08.59 ID:bqmfxnG+0

>>990
捜索願いだしたって友達に聞いたから祖父ちゃんは居なかったはずなんだよね…
だけど火事の焼け跡から祖父ちゃんが見つかった…
オレも当時から色々考えて悩んだんだけどさ…

①実は祖父ちゃんは家の中の何処かで動けなくなってた
②祖父ちゃんは実際に家から居なくなってた

どちらの場合でも不思議な出来事だったんだよね…
祖父ちゃんが家族を逃がさないようにしがみ付いた姿勢で発見されたのも①②のどちらでも不思議なんだ…
その噂も消防団で実際に消火にあたった人から聞いたから嘘の類いではなさそうなんだよね…

 

引用元: http://mao.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1497936493/

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:3,845 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2017/12/31(日) 08:35:58 ID:U2ODI1OTU

    フラッシュの準備してる状態で叩くと、フラッシュだけ光らせることができて、シャッターは切れない。
    内蔵している電池がなくなるまで遊べた。

    • 名前: じょん・すみす
    • 投稿日:2017/12/31(日) 18:16:59 ID:E0NTQ2MDQ

    ”写ルンです”自体、構造的には単純な物だからね、なんかの拍子に
    おかしな物が撮影されたとしてもおかしくは無い。

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/01(月) 02:48:10 ID:E3Nzg4NjI

    そもそも写ルンですってそれでシャッターは切れないしインスタントカメラじゃないんだからそんなパカパカ念写()なんてできるわけない
    これ書いた人は財布無くなる度に新しい写ルンですで念写()してカメラ屋に持ってってたのかと
    多分この人は最近写ルンですの存在を知ってこの作文かいてたんだろうなぁ

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/01/04(木) 21:59:08 ID:UzMTEwNTI

    三途の川、地獄の門だったら面白いな
    スカイハイ見たくなった

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年4月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

怖いコピペSNS