2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心霊スポットとして有名な廃ホテルで男4人と女2人で肝試し

 2014.12.10     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 27

これは、去年の夏の話ですが、私を含め男人女人で心霊スポットとして有名な廃ホテルへ肝試しにいった時の話です。

 

訪れたのは深夜0時過ぎで、天気は大雨でした。

私と友人(男人)以外は、この肝試しににはそもそも乗り気ではなく、辺りに民間など人気が無いことや真っ暗であること、雨天ということが彼らを余計に嫌がらせていました。

しかし、私と友人が夜食を奢ると言うことで、肝試しを行うことが出来ました。

廃ホテルの中は、歯ブラシやガラス、廃材が散乱していましたが、これまでに私達の様に肝試しに来た人が多いのか、歩くのに支障を感じることはなく、私達は雑談をしながら廃ホテルの中を散策しました。

特に驚くこともなく、私達はどこか安心していたのですが、何処からか『バンッ』と大きな音が遠くから聞こえてきました。

その時の皆の驚いた顔や悲鳴は今でも覚えています。

音が聞こえたことに、皆不安になり、さっさと退却しようと置いてきた車のある場所まで引き返していたのですが、再度『バンッ』という音が聞こえると共に、徐々に音が大きくなっていることに気づきました。

また『バンッ』という音にも聞き覚えがありました。

何故なら、この『バンッ』という音は、私の車のスライドドアを閉める音と非常に良く似ていたからです。

勿論、車の鍵は掛けてありました。

友人達はその事に気付く筈もなく、また私も友人に説明することは怖くて出来ず、重い足取りで車に向かうことになりました。

正直、恐怖でどうにかなってしまいそうでした。

しかし、車が視界に入った時、車に異常はありませんでした。

また、しっかりと鍵は掛けられていました。

どういうことだったのか、友人達は不思議がって居ましたが。

私一人は肝試し中の変化に気付き、生きた心地がしませんでした。

 

何故なら、肝試しに来た時に入り口に置いてあったボロボロのスニーカーが無くなっていたんですから、、、

友人達は動かしてはいませんし、回りに人は住んでいませんでした。

誰か人が住んでるのかとも思いましたが、ホテル内に生活している痕跡はありませんでした。

何故、スニーカーが消えたのでしょうか、、、

今でも不思議な思い出です。

 

 

ちなみに、、、

 

 

 

フィクションかもよ

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:706 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

怖いコピペSNS