2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山の山中で老婆に親切した友人

 2014.12.15     人から聞いた怖い話     5件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 142

その日夜、友人(ビビリ)は和歌山の山中を、一人で車で家に帰ってました。

そして、いくつかのカーブの後、突然ライトの光に浮かび上がって来たのは・・・

百姓姿の婆さん!!うっぎゃぁぁあああ!!!

・・・しかし、背中には農作業用のクワを背負ってるし、足もあり、ちゃんとヨタヨタ歩いとる。

夜中の十時になろうというのに、一人で道路脇を歩く婆さんに、友人は怖いというよりは心配になり、あろうことか車をその婆さんの隣りによせ、声を掛けた。

「大丈夫すか?今から向こうの町まで帰るんすけど、送りましょうか?」

「……」

婆さんは無言のまま、手を振って、いらんいらん、とジェスチャー。

しかし故郷の祖母を思い出した友人は、なにか感情が湧いたらしく、婆さんの行き先が山向こうの町であることを確認すると・・・

ついでだから、と婆さんを説得して隣りに乗せ、山道をすいすいと進んでいった。

 

 

山道も終わりにさしかかり、その内に町が見えてきた。

「もうすぐ着きますよ~」

と、隣りに婆さんに目をやった瞬間、「ひぃ!」と友人は声をあげそうになった。

 

足が無かった。

さっきはあったのに。

歩いてたのに。

やばい、やばい。

 

友人はスピードを上げ、町に急いだそうです。

その時、婆さんがちらっとこちらを見た気がした。友人の背中が震え上がった。

「やべ~。なんでこんなのが乗ってんだ?と、とりつかれてしまうのかっ?」

やがて町の明かりが近づき、友人は町の入り口の手前に、車を止めた。

とてもじゃないが、家はどこですか?近くまで車で送ります、などとは言えなかった。

「つつつ着きました!!」

「…」

 

婆さんはドアを開けると、正座していた足を降ろし、丁寧に礼を言うとひょこひょこ歩いて帰って行きました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,074 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 嬉々
    • 投稿日:2016/04/23(土) 19:04:37 ID:E4MzcxNjQ

    (笑)(σ≧▽≦)σ

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/04/24(日) 22:18:52 ID:AyMTY2MjY

    これ好き

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/08/12(金) 18:13:02 ID:M5MDk2NzU

    超面白いww

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/12/27(火) 01:27:34 ID:I0NzAyMTU

    ホッとした〜

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/12/29(木) 09:35:49 ID:AyOTk4NTc

    ちょっ…吹いたwwwww

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

怖いコピペSNS