2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5日ほど連日で同じ怖い夢を見た

 2014.12.24     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 319

今から10年くらい前、まだ実家に住んでいた頃の話です。

5回ほど連日で同じ夢を見た事があるのですが、その夢の内容というのがですね、夜中にふと目が覚めると、そこは自分の部屋。

だから、現実なのか夢なのかが凄く曖昧。

 

何となく恐怖感にかられ、電気を点けようとして、スイッチを入れるが、パチパチッパチパチッという音がして、しかも蛍光灯の両端しか光っていない・・・つまり、蛍光灯が切れる寸前の状態で明滅するだけで、明るくならない。

益々恐怖心は募り、部屋を出て母屋に入り、両親の部屋へ助けを求めようと、両親の寝室に入った瞬間に目が覚める。

時間は、夜中の3時頃。

俺、汗ぐっしょり状態。

起き上がり、電気を慌てて点ける・・・今度は普通に点く。

その後は、もう一度寝直す。

 

そんなことが3日ほど続いたとき、流石に「これは、絶対何かあるな」と思い、霊感が俺よりも強い当時組んでいたボーカルに電話で相談。

そうすると、

「かなりヤバイと思われるので、今からそっちに行きます。」

と言って、40分後くらいに到着。

暫く、部屋の中と部屋の周りを一周したあと、

「今、一応結界は張っておきました。でも、それでも何処まで防げるか分かりません。今から言うことを必ず守って下さい。もしまた今夜、同じ夢を見たら、そのときは部屋から一歩も出ないで下さい。夢の中では、部屋から出るという動作であっても、それは幽体離脱を意味します。つまり、エイジさんの体に霊が取り憑こうと、そういう夢を見させて、魂が一瞬抜けた間を狙っているんです。」

俺の実家・・・つまり、三角州の先端部に建っていて、霊道沿いであり、道の反対側が昔死体遺棄現場で、その先には大昔、子供が何人も溺れ死んだといういわくつきの小川が流れている・・・そんな場所。

だから、そんな場所に住んでいる上に、ある程度霊感がある俺は格好のターゲットにされているとの事だった。

 

 

「うん。分かった。ありがとうね。。。『でも、夢の中で俺はその事を覚えていられるんだろうか?』」

そして、夜が来て12時頃に寝床に着いた。

そうすると、またあの夢を見た・・・

だけど、やはりそのときは昼間言われたことなどすっかり忘れていて、同じ事を・・・電気のスイッチを入れ、点かないからまた部屋を出ようとサッシを開けて、一歩踏み出そうとした瞬間!

 

後ろから、何者かに俺の髪の毛をガシっと掴まれ、後ろに思いっきり引っ張られた!

「うわぁー!!」

と叫んだ次の瞬間・・・

 

目が覚めた。

時計を見るとまた3時頃。

周りを見渡しても何も無い。

ほっと安心して、電気を点けベッドに座り込み、タバコに火を点け暫くぼーっとして、流石に怖かったので、その日は電気を点けたまま寝た。

起きてから、昼くらいにボーカルに事の始終を話すと

「ああ、そうでしたか。それはね、エイジさんがどうせ口で言っても分からないだろうからって、守護霊が強行手段に出たんですよ(笑)でも、今まで出てこなかったのは、先日俺が結界張ったでしょ?それで、一時的に力が強まったからなんです。」

そういうことだったのかと、凄く納得してお礼を言って、電話を切った。

でも、もう少し他に方法は無かったのかな?なんて思いましたが。

 

そして、その日の夜、また同じ夢を見ました。

が、そのときはかなり冷静になっていて、言われたこともちゃんと覚えていて、ベッドに座りタバコに火を点けて一服していると、その内また夢から覚めた。

時計を見たら、もう6時頃。

そろそろいつも起きる時間。

その日を境にして、その夢はもう二度と見ることはありませんでした。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,891 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

怖いコピペSNS