2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

料金所を無料で通してくれた黒人のおばさん

 2014.12.29     海外の怖い話     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 218

2年前に、大学の奉仕活動で、春休みを利用してニューヨークへ行きました。

(今、わたしはアメリカのアーカンソーにある大学に留学しています。)

3台のバンを使ってニューヨークへ行きました。

マンハッタンに着き、3台のバンを止める駐車場は、マンハッタンでは1日に100ドル近くなるので、郊外の安めの駐車場へ何名かが行くことになりました。

わたしもたまたま乗り合わせました。

高速に入り、先導していたのは、乗用車(マンハッタンまで帰りその車でバンを運転していた人たちのために、マンハッタンの教会の人が先導してくれていた。)を運転していたのですが、途中で後続の3台のバンは、その先導している車を見失ってしまいました。

 

 

仕方なく、トールブース(料金所)で、わたし達は、その郊外にある駐車場がどこにあるのか聞くことにしました。

そうしたらそこにいたトールブースの黒人の少し太っちょのおばさんが、にっこり笑い親切に分かりやすく教えてくれました。

そして最後に、”GodBlessYou.AndPleasePrayforme.”(神のご加護がありますように。どうかわたしのために祈ってくださいね。)といって、その黒人のおばさんは、親切にもわたし達から、料金をとらずに、後続の車にも1台目のバンに着いていけば大丈夫だといってただで、通してくれました。

わたし達の通っている大学は、ミッション形の大学ですが、その人には一言もそのことを言いませんでした。

まあ、無事に駐車場まで着き、先導していた車の人とも合えて、マンハッタンに戻ることにしました。

 

マンハッタンに戻る途中、わたし達はその料金所の黒人のおばさんにお礼と、料金を無料で通してはくれましたが、そのお金を払いに行きました。

ですが、その黒人のおばさんはいませんでした。

わたし達は、違う料金所にきてしまったかとも思いましたが、そこの料金所は4つほど料金を回収するところがあり、黒人のおばさんがいたところ以外3人は、わたし達が一度出たときと同じ人が働いていました。

そこで、わたし達は、シフトが変わったのかどうか聞いてみました。

すると、
「今晩は、ずっとわたし達が働いていて、シフトチェンジは4時間後だ。」
といいました。

わたし達は驚いて、少し顔を見合していました。

すると一人が、
「ちょっとあれを見て。」
と路肩を指差しました。

そうしたら、さっき見た黒人のおばさんのような人が、こちらに手を振って、消えていきました。

怖いというよりも、とても不思議な体験でした。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:2,245 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:海外の怖い話
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2018/05/08(火) 01:59:41 ID:QwMzk3NDk

    ?????

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2018年9月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

怖いコピペSNS