2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妙義山方面のパーキングであった悲しい愛のお話

 2015.01.08     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 157

もう、25年くらい経ちます。

ゴールデンウィーク最終日、渋滞を逃れた私と元彼は、軽井沢から妙義山方面を抜けて東京へ帰る事にし、時間も夜中にずらしました。

はっきりとは覚えてないのですが、妙義スカイライン(?)のあるパーキングで休憩したのは、真夜中も1時はとっくに過ぎていました。

広い割に自販機以外なにもないがらんとしたパーキングでした。

そのパーキングの入り口はひとつ。

私達は、入り口近くに車を止めました。

その時私は、奥の方に白い車が一台止まっているのに気付きました。

たぶん、私達のようなカップルで、渋滞を避けたんだろうとは思いつつ、ちょっと、Hなのかな?…なんて勝手な想像をしていました。

その車は自販機の側に止まっていたので、ジュースを買いにいってくれた元彼も、当然その車は見ている筈だったんです。

しかも、そのパーキングから出るには、私の目の前を通らないでは出て行けないし…。

元彼がジュースを買って戻ってきた時、なんの疑いも無い私は、元彼に

「あの白い車の人、カップルだった?」

と聞いたんです。

 

すると、元彼は、滅茶苦茶、びっくりしているんですよ。

「どこに、そんな車あるんだ?」

…とその時、その車のある(?)方向から、女の笑い声というか悲鳴というか、すすり泣きというか…とにかく、ゾクッとする声が聞こえてきたんです。

もう、元彼と私はあせって、車を出したのは言うまでも無いことです。

 

そして、ゴールデンウィーク後、2~3日たった新聞を見て、ビックリ!

なんと、そのパーキングの下辺りから女性の白骨死体がでて、なんでも27歳の看護婦さんで男に殺されて捨てられてたそうです。

そして、彼女の死体を運んだ車の細かい説明を読んで、またまた、ビックリ!

私だけが見てしまった車にそっくりだったんです。
(私、車の会社で修理してたんで結構分かる方です。)

 

その時、私も27歳でした。

死んだ女性は私に何か言いたかったんでしょうか?

今でも、思い出すと悲しくなります。

だって、私もその後、元彼に捨てられる運命でしたから。

悲しい愛のお話です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:720 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

怖いコピペSNS