2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌な感じで配置されているトイレと洗面台

 2015.03.17     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 215

俺の家はどこにでもあるような2階建ての家。

俺と妹の部屋は2階にあって、他には親父の書斎とトイレと洗面台がある。

部屋の配置とかは普通なんだけど、トイレと洗面台が嫌な感じで配置されてるんだ。

どういうことかって?…洗面台って鏡が付いてるよね?それでその鏡を見ると、ちょうど自分の真後ろにトイレがあるんだよ。

まあ、説明はこの辺して妹が体験した事を話すよ。

 

あれはちょうど今頃の時期だったかな。

その日は親父もお袋も旅行で居なかったから、俺と妹の2人だけだった。

あっ!ちなみ俺は高3で妹は中2ね。俺は受験が近いから部屋で(PM11時くらい)勉強してたんだ。

妹がお風呂が終わったらしく階段を上ってくる音が聞こえた。

それから何分か経っても妹が部屋に入る音が聞こえない。

『いつも早いのに…』

何て思ってたら変な音が聞こえてきた。

「カリカリカリ…」

壁を掻きむしる様な音。それがだんだん大きくきく聞こえるようになった。

 

『まさか壁でも掻いてんじゃないだろうな?』

って、様子を見に行ったんだ。

そしたら…妹は鏡を見てるんだよ。今にも泣きそう目で。おまけに壁なんか掻いてない。

「茜どうした?」

って、声かけたら妹はビクッてして俺に気付いて、いきなり部屋の中に押込まれた。

途端に妹は泣き出したんだ。話を聞くとゾッとしたよ。

 

1階から上がってきて洗面台で顔を洗って顔を上げたら、トイレのドアが少しだけ開いてたらしい。

それで少しの間ボーっと見てたら…人の顔がドアの隙間から見てて、鏡をとおして視線が合っちゃったらしい。

よく見るとその顔は小さい男の子の顔で目をいっぱいに見開いて妹を見てた。

そん時にはもう怖くて体が動かなくて声も出なかったんだって。

視線が合ってちょっとしてから、今度は蒼白くて子供とは思えない長さの手が出てきて壁を掻き始めたらしい。

そう、俺が聞いた音の正体。

それから少しして俺が部屋から出てきた。

そしたら顔は居なくなってたって。

でも壁には爪で掻いた跡があったらしい…。

 

その日は怖くて部屋に鍵掛けて2人で寝たよ。

恥も外聞も関係ない。

だって…俺らが話し終わってからあの音が今度は俺の部屋のドアから聞こえてくるんだ。

「カリカリカリカリ…」

親父とお袋が旅行から戻って来た時、この事を話して引っ越してくれって頼んだよ。

本当に怖かった。

あの子供はいったい何だったんだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:430 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

怖いコピペSNS