2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい原チャリに噛み付いたモノ

 2015.03.17     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 230

僕が高校を卒業して間もなくの頃です。

 

おそらく、まだ夜の11:00頃だったと思います。

知人宅から原チャリでの帰り道、松戸市内の松戸M高校の近くに、両脇が背の高い雑草に挟まれた道幅3m程度の直線道路(300m程)が有り、途中にはお稲荷さんがあります。

やはり、その時間くらいになると恐いのですが、せっかく新しい原チャリを買ったので、スピードを出せるその道を通る事にしました。

 

問題の道に入り込んで50mくらいしてエンジンがブスっと止まってしまい、セルモーターも回りませんし、キックでもかかりません。

しかたなく押していると、突然後ろから

「どうしました」

と声がします。

振り替えると作業服を着た中年の男性が立ってました。

なんとなく心細いところで人に遭遇したのでほっとしました。

「急に止まっちゃって」

と言うと、そのおじさんは、

「ちょっと、見てあげましょう」

と近寄ってきました。

近くに自動車工場らしきものが有ったので、そこで働いている人かと思いました。

 

おじさんは、しばらくタイヤの辺りを見ながら、こちらを向き、突然頭を地面に付くくらいにして、

「申し訳ない。私の知人が噛み付いたんです」

と言い出し、

「この道の出口まで私が押していきます。ほんとに済まない」

と押し始めました。

タイヤはパンクしてません。

「いいですよ」

と言っても

「ほんとうに申し訳ない事をしてしまった」

と言うばかりで、僕より1m先で黙々を原チャリを押しています。

沈黙が続き、こちらが何を言っても聞きません。

ただ謝るばかりで、なんとなく気味も悪く、押し飛ばしてでも原チャリを奪おうかと思いましたが、エンジンがかからないのであれば逃げられません。

益々恐くなり、この年にして泣きそうになってしまいました。

 

もう少しで出口。ほとんど放心状態です。

やっと街灯らしきものが見え、思い切って

「もういいですよ!放して下さい!」

と言うと、

「知人には良く言っておきます。本当に申し訳ない事をした」

とハンドルを渡された瞬間、一気にセルを回したところ一発でかかり、礼も言わずに走り出しました。

追いつかれない所まで走りって振り返ると、誰も居ません。

もちろん脇道もないのです。

 

無事に家に着き、すぐにさっきまで居た知人宅に電話しました。

「変な話は聞いた事ないけど、整備工場はとっくに誰も居ない」

との事でした。

そして次の日、原チャリを見てみると完全に後輪の空気が抜けており、目で確認出来るほどの穴が何個所か開いてます。

修理に出すと、タイヤチューブの中から人間の差し歯が出て来ました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:391 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

怖いコピペSNS