2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れもしない午前3時前の訪問者

 2015.03.26     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 143

私がまだぢょし高校生(笑)の頃のことです。

 

当時は定期試験の真っ最中で、これまた恒例の一夜漬けに励んでいた私は、明日行われる日本史の年号等を必死に暗記していました。

時間は忘れもしない午前3時前。

ちょっと勉強に飽きていた私の耳に

キイーキイー…

と油のきれかかったような自転車の音が聞こえてきました。

 

「あれ、こんな真夜中に自転車で走ってる人がいる。でも、新聞配達の人にしてはちょっと時間が早いよなー」

なんて思いながら、しばらくは教科書とにらめっこしていました。

 

でも、その音はだんだんこちらに近付いてきます。

「えーい、どんな人が今ごろ散歩しているのか、確認してやれ!」

私は、自分の部屋の窓からそーっと下を覗きました。

 

道路の方からだんだん音は近付いてきます。

キイーキイー…。

音の主がみえてきました。

ずいぶん古い形の自転車に乗ったおじさんでした。

いえ、年齢ははっきりしません。

だって、自転車に乗っている人、首から上がなかったんです。

 

「げっ!」

と思いつつ見ている私の視界の外に自転車に乗った、ズボンに白いシャツを着た男性は、ゆっくりとフェードアウトしていきました。

 

後に残ったのは、

キイーキイー…

という音だけ…。

自転車の走っていく先にはフェンスがあるだけの行き止まりだったんですけどね…。

 

あ、その自転車ですか?一番近いタイプとすれば、新聞配達で使われているような黒い、昔からある、がっしりした自転車かなー。

 

もちろん、勉強はそこでおしまい。すぐに布団にもぐりこみましたよ!

私としては、変なもの見たことよりも、翌日の日本史のテストの出来のほうがずぅーっと怖いものでしたけどね…。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:431 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

怖いコピペSNS