2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呪われた中古住宅

この記事の所要時間: 146

これからお話しするのは、一戸建を買ったMさんの体験談です。

Mさんが買ったのは築2年の中古住宅でした。

子供が五人に彼の年老いた母親とお産を終えたばかりの妻。

日当たりも良く学校も近かったので即決だったそうです。

前の住人はご主人が交通事故でローンが払えなくなったそうです。

 

Mさんはそんな事はどうでもよく、まず駐車場をもう一台分造る事にしました。

業者は地鎮蔡を奨めましたが、家が立つ訳ではないのだからと、何もせずに工事を進める様に業者にいい、立派な2台分の車庫が完成しました。

車庫が出来て程なくたってから、Mさんの同僚が交通事故で亡くなりました。

そこでMさんが代わりに同僚の営業エリアの担当になりました。

そして同僚が亡くなってちょうど2週間目の日、同じコースの同じ場所でMさんは事故を起こし、瀕死の重傷を負い、半年入院して片足が不自由になり営業職を離れ、収入が減り、結局、家も手放しました。

車庫を造る時に地鎮蔡をしなかったせいなのか、Mさんを羨んだ亡くなった同僚の怨念が事故を招いたのか、全ては謎のままです。

 

後日談です。

Mさんが手放した家は、その後、若い家族がかいました。

頭金は全て親が出してくれたそうです。

まだ20代のこの夫婦には子供が二人。

しかし入居してMさんが事故にあった時からちょうど一年目の時、若い夫婦は交通事故を起こしてしまいます。

奥さんの方は軽い怪我ですみましたが、ご主人はムチ打ちがひどく、仕事が出来なくなり、しばらくは奥さんがフーゾクで働いていましたが、やはり手放すはめに。

 

昔から家は住む人を選ぶといいます。

この3家族に共通していたのはいつも夫婦喧嘩が絶えなかった事です。

その後また売りに出されましたが、買い手がつかず、かなりの間空き家でしたが、持ち主は誰になったかわかりませんが、今はおだやかな感じの夫婦が借りています。

転勤族らしく、昔の事は多分知らないとおもわれます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,128 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

怖いコピペSNS