2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は一度、水で死んでいます

 2015.04.07     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 254

私と親友3人で底の無いような深い貯水プールみたいな中に泳いでいました。
そこで私はビデオを録りながら、貯水プールの説明をしておりました。

「このプールはまわりに街など高い建物は無く、あの狭いトンネルを通らないと街へは行けない」

と誰に言うでもなく説明をしてました。
説明にあずかったそのトンネルは、プールから水つづきになっていて、人一人がやっと通れるくらいな感じです。

私は、ビデオを録る係で、ビデオをまわしながら
「底無しみたいなプールって下が暗くて気持ち悪い」
などと言ってた。

だんだん下に興味がわいた私は
「ちょっと下を見てくる」
とビデオを持って底を目指して潜り続けた。

 

 

夢だからか息は苦しくなく、ゆうに3分くらいは下に向かって潜れたような気がしました。
次第に、下にはだんだん白い芝生のようなものが見えてきた。

近付き、目を凝らすと………手。

底一面に白い手がたくさんはえるようにあったのだった。

驚き、あわてて上に戻り、陸にあがった。
みなに
「このプール危険だ。離れよう」
と言いました。

すると陸には、すでに3人いた友達のうち1人しかいません。
その一人が言いました。
「あの二人、潜ってったよ」
と。

二人が死んでしまう!と思い、焦っていると、陸をつかむ手が ざばっ と出てきた。
友達だ!と思い、助けようと陸にいた友達と二人で引っ張りあげると…それは友達ではなく…激しく腐乱した死体だった。

二人で驚き、手を放したら死体ははずみでもと来た水に沈んでいった。
するとプールの別なとこに手が現われた。
怖かったが、引っ張りあげると、無事、友達だった。
その友達を引き上げると、水から出る手がいっさい無くなった。

だが…もう一人が見つからない。

私は焦ってプールに飛び込み、潜り探した。
すると下の暗闇の方にチカチカ光るものがあった。
友達の携帯だった。
急いで友達のもとに行き、陸に引き上げた。
息をしてなかった。

私は人工呼吸を繰り返し、3分後くらいに友達は水を吐き意識をとりもどした。
安心した私は友達3人を連れ、当然、プールから離れることにした。

ふとプールを振り向くと綺麗だった水は腐り、緑黒のような色になり、何十、何百の手が水草の様にユラユラ揺れていた。

…という悪夢。

 

私は一度、水で死んでいます。

小さい頃に田舎の伯母の家で溺れて死にました。

医者からも
「心臓が止まっている、助かる見込みがない。奇跡的に目を覚ましても何らかの障害が残るだろう」
と言われていました。

もう、目を覚まさないだろうとみながあきらめた時に泣き声をあげ息をふきかえしたそうです。

一度、死んだ人間は人とは違うケースが多いですよね。

私がこうして色々な体験をしているのも、死んであの世から戻ってきた時に起きた障害なのかもしれません。

…ですが私は水が好きです。

この夢で小さいころの水の事故を思い出した、という話でした。

夢は意味があります。

意味が無い夢もありますが。
人に憑き守る5つの守護霊が教えてくれてる場合や、悪霊によるもの、本人の能力だったり様々。

生々しい感じがしたり、忘れられない、繰り返しみる、などですかね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,460 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS