2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お祈りして何かに助けて貰うということ

この記事の所要時間: 155

祖父の話ですが、祖父が私が一歳くらいの時大事故に遭いました。

会社で爆発事故がありました。

祖父はすでに外に出て助かっていたのですが、中にまだ残っている人がいたらしく、周囲が止めたのにもかかわらず、中に入っていったそうです。

幸い、残ってた人は助け出せたそうですが、祖父はさらに爆発した機械で瀕死の状態に陥ったようです。

すぐさま病院に運ばれたみたいですが、かなりの火傷をおい、一週間以上生死の境をさ迷い、医者からも見放されていたそうです。

毎日が峠で、祖父の姉が神棚に毎日お祈りしてたある日、神棚にある丸い鏡?みたいなのありますよね。

あれがものすごい光りを放ち出しその時間に、病院にいた祖父は目を覚ましたそうです。

祖父は片目を失いましたが医者もビックリするほどの勢いで回復したそうです。

祖父はいってたそうです。

何日も暗いとこをさ迷っていたら、急に物凄い光りと共に
「まだこっちの世界には来るべき人ではないからきてはだめだ。」
と言われたそうです。

それ以外にも大病(いろいろなガンとか)を患うこともありましたが、何度も助けられていました。

私の地元では喧嘩祭というわりと有名なのもあるのですが、その屋台(何トンもあります…)の下敷きになった時も下半身不随を覚悟しなくてはならないくらいだったのも、半年ほどかかったらしいですが、元気に回復できたそうです。

何度も助けられる人は本当に助けられるのだなぁ…ってつくづく思いました。

 

余談ですが、昔私が小学三年生の時、床の油拭きの油で滑り机の角に顔面をぶつけました…熱いものが顔から流れました。

先生は慌てて病院に連れていってくれました…。

どうも目の上を切っていたらしく(自分では何処を怪我したかわからなく)驚きましたが、更に驚いたのが、あと1㎜ズレていたら失明していたそうです。

それに私は目が悪く眼鏡をかけていたのですが、その日はかけていなかったのも幸し、目の上ギリギリの瞼を縫うだけで済んでよかったとのことです。

今も考えるとゾッとします…あと1㎜ズレてたらこの目はなかったと…。

私も何かに助けてもらったんだなぁ…って感じます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,120 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS