2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偽りの恐怖

この記事の所要時間: 244

最近、肝試しに無理やり連れられました。

「きっと良い事ないから嫌だ」
と言い断りましたが
「お前いると頼れるし」
といわれ、ついに強制連行です。

あきれたものだ。つくづく学生は若いな、と私は思いました。

そして向かった先は何とも不吉そうな場所。

目指すは雑木の生い茂る小高い山奥にある廃寺でした。

獣道から入るらしく車を止め、そこから歩きました。

獣道の入口には風化してぼろぼろの鳥居がありました。

「こわー」
など言いながら私を含め4人で暗い山にはいり、ところどころに風化した鳥居がある獣道を通り廃寺が見えるところまで到着しました。

すると境内はすでに草木が際限なく生えて林同然。

獣道の終わりに最後の鳥居がありました。

私は
「…変な感じがする。気をつけて」
と言いました。

みんなは
「おいおいマジかよ…」
と焦ります。

私は
「そこの最後の鳥居から奥にはいっちゃだめだよ。境内の奥に立つ3メートルくらいの妙に縦長の女が見えないのか…?」
と言いました。

一人は
「なあ…もう帰んね?なんかオレ…具合悪い…」
と言い出し始めました。

そして沈黙のなか進まない足を進めます。

ついに鳥居前。

私はみんなを止め
「…みんな、これ以上は本当にあぶない。みんなは先に車戻っていて…車に戻ったらドアや窓は完全に閉めてね。……早く!走って!」
と言いました。

するとみんなは顔を引きつらせながら全力で走って車に戻りました。

そして残った私はというと
「…ふう、帰るか」
とゆっくり車へ歩きだしました。

夜目はきくほうなのですぐつきました。

車に残ったみんなはというと、震えていました。

私をみると口をそろえて
「大丈夫だったか?」
と聞きますが
「大丈夫」
と私は答えます。

……だって、まだ何もいなかったから大丈夫に決まってます。

何もいなかったんですよ。

怖い目に会う前にみんなに偽の怖さを与えて逃がしたんですよ。

肝試しということは、怖さを求めているんですよね。

なら偽の怖さで満足してもらって、本当の恐ろしさや危険からみんなを遠ざける、というのも役目かな、と思いまして。

好奇心を満たしてあげました。

 

実際、縦長の女などいませんでしたよ。

ですが、あれ以上は寺に近寄れば良くない気はしていましたよ。

後日以降は、幸い(当然?)4人には霊障などは起きていません。

みんなは
「まじ怖かった」

「やばいよな」

「大丈夫だったか?」
と言っています。

みんな満足してるなら良かったです。

みんな無事でしたし、尚更良かったです。

私のいる場では、友達をわざわざ危険な目にはあわせません。

偽りの恐怖でも本人が知らずにいれば、その人にとって偽りは本当の恐怖になるんですよね。

嘘つき、適当、と思われても構いません。

好奇心を満たせて無事なのが一番ではないでしょうか?

みなさんも肝試しに行くときは命綱(?)として見える人を連れていくことをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:394 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS