2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何やってもだめなビル

この記事の所要時間: 245

初めて投稿させて頂きます。

特に怖いと言う概念ではなくやっぱりこの世には霊的な何かは確実にあるんだな、と改めて身を持って実感した話です。

私は小田急線沿いのH市に住んでおり、生まれも育ちもこの街で、都市までとは行きませんがそこそこ栄えた街です。

私は霊を見た事はありませんが、よく気配は感じたり、何かあるなと感じたり、多少霊感はあるほうだと思います。

これは私が小6の頃、H市にある大手デパートの一つで体験した話です。

 

そのデパートは新館と旧館がありそれぞれ旧館が1、新館が2と称されていました。

そのデパートは道路をはさんで建てられており1と2の行来の為の連絡通路などはありませんでした。

いわばそれぞれが独立したビルとなっていました。

私はその新館2で買い物をしていました。

ですが当時小6の私にとっては少し大人な店ばかりでやっぱり旧館の方が自分にあっているな─なんて思いながら、エスカレーターでどんどん上に上がって行きました。

新館全体もなんとなく重ダルイ雰囲気で、上に上がるにつれ、なんか嫌だな~と感じはじめました。

しばらくして、私はヒドい頭痛と吐き気に襲われ、
「やっぱおかしい、この館からでなきゃ」
と直感的に感じエスカレーターをかけおりました。

 

 

それから私は新館へ近付かなくなりました。

まぁそれも2~3年の事。

その新館、なくなってしまったんです。

ビルや外観自体は残したまま、要するにテナントだけ空いてしまったと言う事です。

新館に入っていたテナントは全て旧館に移動されたんですけどね。

私はよかったと思う反面、廃館となった姿が何だか不気味でした。

母の仕事場が近くで私もよく近くを通るので母に
「なんだかいやだね。」
と話すと母がある話をしてくれました。

 

戦後まもなくあのビルから東側は火葬場だったそうなのです。

たしかにあのビルを境に東側はふっつりと建物が少なく、極端な位栄えていません。

「やっぱり土地柄ってやつなのね。あのビルね、何やってもだめなのよ」

母は私のあの時の事はこれが関係しているんじゃないかと言っていました。

そして霊感の強い人が入ると上の方にいくにつれ頭痛や体調不良になるそうです。

しかし、それからまもなくそのビルにカラオケが入ったんです。

内装も綺麗になったし、結構人出も増えて来た。

大手のカラオケだったから、初めのうちは明るくなってよかったなぁなんて安堵していたんです。

でも、そのカラオケ、潰れちゃったんですよ、二年前に。

私は母の言葉を思いだし、やっぱりか…と身の毛がよだちました。

 

しかしもっと不気味なのがその後でね。

もう二年も前に完全に閉鎖したはずなのに今頃赤い張り紙がしてあったんです。

「このビルは〇年〇月〇日に完全に閉鎖しております。」

ってね。おかしいでしょ、今更。

もうどっから見ても空きテナントなのに、何故今頃また貼紙してあるんでしょうか?

誰かがね、二階のフロアを行来してるなんて噂もあるんですよ…

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:316 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS