2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルトな話に一切興味がない父

この記事の所要時間: 29

父が体験した話を。

私の父は、オカルトな話に一切興味がなく、私の体験した話なども笑って流す人でした。

4年前、まだ父と母が離婚する前の事です。

その日、母が某恐怖マンガを買ってきたので父に薦めていました。

「ほらぁ、タニ君(結婚前の父のあだ名)も読んでみなよ。チビるよ(笑)」

「やだ。興味ないっ」

そんなやり取りが繰り返され、とうとう父が折れて読むことになりました。

 

━数時間後━

「どうだった?恐かった?」

母の問いに父は
「全然。てか、なんで出てくる霊出てくる霊みんな子供か髪が長い女な訳?逆につまんない」
などと批判しちゃってました。

他にも何か罰当たりな事言ってたんですよね。

私は苦笑いだったんですけど、その時母が
「タニ君。今日はアタシはっちゃん(私の事)と寝るね」
と突然言いだしたんで、驚いたんですけど、その真相が分かったのは、次の日でした。

 

父が私と母が寝ている寝室に転がりこんで来たのは翌朝の7時頃でした。

ビックリする私に対し、母は何故だか冷静で
「だから言わんこっちゃない」
などと呆れた風でした。

落ち着いた父に事情を聞くと、自分が寝ていたトコロに霊が出たと。興奮したように話していました。

つい昨日まで霊の存在を全否定して嘲笑っていた父がです。おかしいですよね?

話によると、マンガを読んだ後ひとり寝室で寝ていると体を揺すられて目を覚ましたそうなんですが、身体が動かない。声も出ない。

さながら先刻見た恐怖マンガの金縛りに酷似した現象が父を襲ったそうです。

初めての感覚に戸惑う父の腹の上に、ずしりとした重み。

眼球を下におろしていくと、靄が自分の上で動いていたそうです。

「何コレ?」
と思っていると、靄の中から顔が出てきてグリンッと父の方を向いたそうです。

どんな風にって云われると説明しにくいんですが…「鋼の錬金術師」で人体錬成しちゃった時のお母さんみたいな感じ(笑)

つまり、顔が逆さまに父を見てた訳で。

目をひん剥いて驚く父を余所に、その顔は
「…バカにすんなよ」
と呟いて消えたそうです。その瞬間父は気絶。今に至ると云うわけです。

母は霊感強いんで、分かってて私と寝たんだそうです(鬼)。

以来、父は離婚した今でも霊を信じて、ちょっとでも何かあったら母に助けの電話を寄越します。

ちょっと哀れな父なのでした。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:563 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS