2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高速道路催眠現象など起こるはずもない事故多発地帯

この記事の所要時間: 139

事故多発地帯というのありますが、我が家の近くにも、かつて、小さな事故が頻発した不思議なところがあります。

通常、事故が多発するというと、見通しがが悪いとか、路地から子供が飛び出してくるという場合が多いのですが、そこは、片側1車線の県道で、2つの信号にはさまれた、300mほどの直線区間です。

この区間の両側、すなわち、それぞれの信号の先はカーブになっています。

また、飛び出した子供がひかれるという事故は起こっていません。

そこで起こる事故というのは、直線区間のある区画のブロック塀に車が飛び込むという、自損事故なのです。

これが、数キロにわたって直線になっていて、居眠りをしてしまうような(ハイウェイ・ヒュプノシスがおこるような)ところなら別ですが、先に述べたように、その区間の両側には信号(十字路)とカーブになっていて、居眠りをするようなところでも有りません。

地元の人間も不思議がっているのですが、何故か、度々、自損事故が起きるのです。

昔、そのあたりで悲惨な事故・事件があったというわけでは有りませんし、そのあたりが古戦場だったということはありませんので、非業の死を遂げた人の霊が引き起こす祟りということは無いでしょう。

事実、多発した事故というのも、小さな事故で、死亡事故が起きているわけでも有りませんから。

 

それでも、地元の年寄たちは、「祟り」を持ち出しています。

問題のブロック塀は、寺の、それも墓地の囲いの塀で、その外側の事故が多発する道路というのは、墓地を潰して作ったものですから。

 

その後、歩道の整備が行なわれたときに、更なる拡張がありましたが、その後は不思議なことに、事故は無くなりました。

歩道が出来ただけで、他の要素は変っていないので、歩道に飛び込む事故が頻発しそうなものですが。

拡張の際の供養がきいたのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:678 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

怖いコピペSNS