2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

釣り合わなかった階級章

この記事の所要時間: 036

とある田舎警察であった話。

ある朝、若い巡査が出勤したところ、制服に付ける階級章を忘れたのに気付いた。

自宅に取りに帰る時間もなく、かといって階級章無しでは制服は着れない。

 

更衣室で途方に暮れていたところ、上司である警部補が親切に言ってくれた。

「俺の階級章が余ってるから、使えよ。なあに、一般人にはわからないから大丈夫さ」

巡査は上司の心遣いに感謝しつつ、警部補の階級章を付けて勤務に就いた。

 

その日の夜、検問中に暴走車を停止させようとした巡査は、その車に撥ねられて殉職した。

巡査は死後、二階特進の規定により、警部補に昇進したという。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,027 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

怖いコピペSNS