2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カリカリと掻く音がする異様な民宿

この記事の所要時間: 239

とっても怖いお話。

知り合いに聞いた話なのですが…

彼が仕事の関係で京都に行った時、紅葉シーズンという事もあり、なかなか宿が取れませんでした。

しかし、諦めかけていた時一件の民宿が、満室です。と、断られた後、あ…1部屋なら御用意できます。
と、キャンセルでも出たのか幸いにも部屋を用意してくれました。

そして現地に付き、チェックインしてみると…その部屋はカビ臭く、長く使用していない様な印象を受けたらしいのですが、宿が取れた嬉しさで気にもしませんでした。

そして、その日の仕事を終え、部屋に帰り移動で疲れてた事もあって、その日は早めに床に入りました。

 

すると…深夜、上の部屋からカリカリと床を掻く音が聞こえました…。

夢うつつにネズミが床板でもかじっているんだろう……と、また深い眠りに落ちました。

しかし、その音は毎晩続き、さすがに気になったので、宿主に報告しました。

すると…宿主は一瞬顔色を曇らせ、上の部屋は空き部屋なのでネズミ捕りを設置しとく。という返答でした…

そこで彼は、何故上の部屋は空いているのか…また、宿主の何か隠しているような態度に不安を感じました。

しかし、こちらの仕事も終盤だったので、結局深く考えない事にしました。ところがその夜…

 

 

いつもはカリカリという音がガリガリという大きな音になり、それは彼の部屋の天井板の裏を掻く音に変わり、なかなか寝つけませんでした…。

そして最後の夜、仕事の疲れと明日早朝発つとゆう事で、早くから熟睡状態に入ったらしいのです、すると…顔面にポタッポタッと何か落ちてきました…

ハッと目を冷ますと確かに何か顔に落ちてきます、暗闇でよく目を凝らすと、ガリガリ音が鳴ってた天井部分に穴が開いるではないですか…。

そして……彼はその穴を見たまま金縛り状態になってしまいました。

 

すると……ガリガリという音と共にその穴を広げる血だらけの指が見えてきて、そして…その血は彼の顔面にポトポト落ちてきます…

彼はその光景から目を離そうと必死にもがきますが、体が動きません…しかも、目が暗闇に慣れてきて、その光景がハッキリ見えて来るではありませんか…

そして穴の奥には……必死に穴を広げる顔面血だらけの女が見えて来ました…その形相の凄さに彼は悲鳴を上げ部屋から飛び出しました…

そして翌朝宿主にその光景を訴えると…宿主は重い口を開きました…

 

それによると、かなり前、彼の上の部屋で自殺した女が有り、まれに下の部屋に人が泊まると、その自分の死んだ部屋からの自縛から逃れる為か、部屋の床を掻きむしってでも出ようとするそうです。

一泊の客だとカリカリという音で終わるそうなのですが、彼が長期宿泊だった為、そんな光景に至ってしまったそうです…

帰り際、彼は怖いながらもその上の部屋を覗いてみようと上に上がると…その部屋のドアは入れない様、頑丈に充て木され、釘打ちされていたそうです…

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:243 PV
 評価:12345 3.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS