2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洒落にならない怖くて残忍な悪戯

この記事の所要時間: 14

洒落にならないと言えばならない実話です。

かなり昔の話なのですが、私の住んでいた団地には野良猫が多数いました。

日によっては夜になると鳴き声で眠れないほどです。

ある日の朝、姉がパート先の工場へ出勤しようと、軽自動車に乗り込みました。

猫が車の下で休んでいる時もあるので
「ブゥーン、ブゥーン!」
とエンジンをふかしました。

そのとき
「にゃー」
と聞こえたそうです。

 

工場への道のりを運転している間、おかしな事がおこりました。

後ろから何度もパッシングやクラクションをならされるのです。

出勤途中という事もあり、姉はそれを無視して工場へ向かいました。

工場へ着き、駐車場に向かっていると、原付自転車に乗った同僚が物凄い形相で、何かを叫びながら追いかけて来ました。

 

「○○さーん!あんた、猫、ひきずりよるが!」

慌てて車の後ろを見ると、針金でしっかりと結び付けられたボロボロになった猫が息絶えていたのです。

イタズラとは言え、気味が悪くお寺で供養してもらいました。

こんな残忍なことが出来てしまう一部の異常な人間の方が、オバケなんかよりもよっぽと恐いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:701 PV
 評価:12345 4.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS