2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと気のない林の中で空中に浮かぶ一つの影を囲う男たち

 2015.06.21     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 141

深夜、友達の部屋でしたたか飲んだ帰り、あかりもなく人気のない暗い市営球場わきの道を通って帰った。

すると、球場の横手にある小さな林の中で、2~3人の男の声がした。

深夜の市営球場は、同性愛者の出会いの場とも噂されていたから、何となく噂の真偽を確かめようと思い・・・

暗い中で目を凝らして林の中を覗いていると、ボオッと2~3人の人影が見える。

 

酔いも手伝ったか少々大胆になり、近道をはずれて木立の方へ近づくと、男たちに囲まれるようにして、もう一つの影がゆらゆらと揺れているように見える。

それも、空中に浮かんでいるように見える…

男の中の一人が、その空中に浮かんだ人影の足に抱きついて、ぶら下がっているようにも見えた。

木々の間をそおっと進み、ぼそぼそとした話し声が聞き取れそうなくらいに近づいた時、枯れた枝を踏みつけてしまった。

バキッという音が思ってもみないほど大きく響いた。

 

話声がやみ、少し間をおいて、突然笑う声が…、それも、へらへらと鼻で笑うような嫌な感じで。

3人の人影がこちらを向いているのがわかる。

そして、くぐもったような男の声で、
「おまえもか」
と、一声あった。

何やらわけもわからず怖くなり、あわてて道へ引き返し走って家へ帰った。

 

 

次の朝登校すると、学校にもほど近い市営球場わきの木立の中で首つり自殺があり、警察官が何人かいたとクラスのみんなが言う。

 

どういうことだろうか?

今もって謎だが、何人かの男が自殺と見せかけて一人の男を殺したのではないだろうかと。公衆電話から、匿名で。

その夜に見たことを通報したりしたもしたが、特にリアクションがあったとも思えない。

 

その後、同じ場所で10年くらいの間に、知る限り5回ほど首つり自殺があったが、一昨年市営球場が取りつぶされ今はあの林もない。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,052 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS