2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルの5階に住んでいる友人が窓側を箪笥や本棚で塞ぐ理由

この記事の所要時間: 229

古い6階建てのビルに住んでいる友人Aから聞いた話。

そのビルは、Aの親戚がAの生まれるずいぶん前に建てたビルらしく、安っぽいスナックとかが入居している。

Aの父親が、そのビルをいくらかで譲ってもらって、ちょうど空いていたビルの5階に家族で住んでいた。

 

Aの部屋でゲームをして遊んでいたんだけど、部屋の窓側を塞ぐように箪笥やら本棚やらが配置されていて開けられないようになっている。

不思議に思って訊いてみると、
「この窓は、開けないから別にいい」
らしい。

確かに窓のすぐ隣には、このビルより高いビルが建ってて、Aの住んでいるビルとは2mくらいの隙間しかない。

当然、太陽光なんか差し込まないし(そのせいでAの部屋はいつも薄暗い)、空気もよどんでいるから、たしかに開ける必要のない窓だった。

Aの住んでいるビルが建って数年後に隣にビルが建ってしまったので、この窓が使われたのはほんの数年だけなんだとか。

(当然、隣のビルの壁には窓はない)

 

「そっかー」
なんて納得しつつゲームを続けると、画面を向いたままAが
「それに外を変なのがうろつくから」
って言う。

こいつ意味不明なことを言うなと思って、
「はぁ?うろつく?5階の外を?」
って訊ねると、Aが変な話を聞かせてくれた。

 

Aはその日も、学校から帰って夕食を食べた後、時間が経つのも忘れて夜遅くまでゲームをしていたらしい。

すると、部屋の窓が「バタンッ、バタンッ」って音を立てた。

なにかがぶつかったような音。

慌てて窓のほうを確認すると、窓ガラスに変な跡がついている。

大掃除以来ずっと開けていないせいで、外側がほこりまみれになった窓に手形がついてる。

よく幽霊話とかで聞くように、オバケが窓を叩いたのかと思うと物凄く怖くなって、窓の方を向いて固まっていたらしい。

そしたら今度は、外から「ビタビタビタビタビタビタビタ」って音がものすごい勢いで近づいてきたとおもったら、また窓が「バタンッ、バタンッ」って鳴る。

それから、また「ビタビタビタビタ」って音が、ビルの上のほうに向かって小さくなっていったらしい。

Aがほんの一瞬だけ汚れた窓ガラス越しに見たというのが、頭と同じくらいしかない小さな胴体から4本の腕が生えた奴が、ニヤニヤしながら、腕をつっかえ棒みたいにしてビルとビルの間を移動している姿。

窓の上を通るときに「バタンバタン」、コンクリートの上を通るときに「ビタビタ」って鳴っていたらしい。

 

それ以来、寝ている姿を覗かれたらどうしようとか、目が合ったら狙われるかもしれないだとかいろいろ想像してしまって、家具を窓側に配置して隠しているんだとか。

この話を聞いたときは、そのビルがもの凄く怖くなって、その日はビルの外までAに送ってもらった。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:546 PV
 評価:12345 4.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS