2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無言電話の犯人を特定してからの気持ち悪い流れ

 2015.07.03     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 124

恐いっていうか、不気味で気持ち悪かった話。

今から15年ぐらい前、俺の家の電話に無言電話がひどい時期があった。

ほぼ毎日、時間はまちまちだったが、ある時期ぐらいから夜遅くにかかってくるようになってきた。

その無言電話は当然の如くまず無言なのだが、いつも後ろの方でなにやらガサガサ音がしていた。

段々家族全体で腹が立ってきて、ついにナンバーディスプレイを導入する事にした。

導入の二日後のたしか午後10時頃、ついにその無言電話が掛かってきた。

受話器をとると、いつもどうりの無言とガサガサの音。

ディスプレイを見ると番号がバッチリ出ていて、すぐに電話を切りその番号をかけ直した。

さてどんな事言ってやろうかなみたいに考えながら番号を押した後、俺は固まってしまった。

 

「この電話番号は現在使われておりません。番号をお確かめになった上、もう一度…」

 

へ!?だっ、だだって。。今、かかってきたばっかの番号だぞ!?

その後も何度かかけても聞こえてくるのはテープの音声のみ。

一度諦めて受話器を戻し、電話のある部屋を出ようとした時、電話がなり恐る恐るディスプレイを見るとさっきのつながらない番号…

受話器を取ってみるとテレビの砂嵐のようなザーという音が聞こえた。

気持ち悪くてすぐに切ってもう一度、かけてみたがやっぱり繋がらなかった。

 

この日の後、この無言電話はプツリと途絶えた。

あれは誰かの手の込んだイタズラだったのか、それとも…ま、別になにもなかったからよかったんだけどね…

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,102 PV
 評価:12345 2.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS