2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英彦山という霊山に伝わる天狗伝説と人型の何かを見たイトコ

天狗のお面
この記事の所要時間: 242

私のいとこは、非常に霊感が強い人なのです。

昔から変なものや不思議なものを沢山見ています。

10年ほど前、いとこ一家と私の家族で九州へ行きました。
(まぁ、私は本州の九州よりの端っこに住んでいるので遠出ではありませんが)

福岡の田川という処に住んでいる親戚の家を尋ねました。

そこには英彦山という割と有名な霊山があり、そういうのが大好きな私は嫌がるいとこを強引に連れて行きました。

 

夜は行っちゃ駄目、と言われたので昼間に行ったのですが、高い木が並んでいて薄暗く不気味でした。

かなり上の方まで上ったのですが、何も無かったので仕方なくダラダラ降りて行きました。

降りてすぐの処におみやげ屋さんがありました。

いとこがトイレに行きたいと言うので、そこでトイレを借りる事にしました。

私は別にトイレには行きたくなかったので、おみやげ屋さんに売ってるモノを適当に眺めていました。

 

すると、いとこが泣きながら走って出てきたのです。

トイレはおみやげ屋さんの裏に別で建っていたのですが、その屋根の上に何かが居たと言うのです。

真っ赤な顔で、髪の毛の様なもので覆われている人型の何かだったそうです。

そして、それは回転しながらいとこの方へ飛んできて、顔の前をかすって飛び去って行ったそうです。

 

いとこの怯え方は酷く、しばらく座り込んで立てなくなっていました。

その後、親戚の家に戻ると、いとこは高熱を出し、そのまま救急車で運ばれてしまいました。

結局、次の日には熱はひいていたのですが、それから少しおかしくなり、学校も辞めてしまい家にひきこもってしまいました。

10年たった今は、何事もなく暮らしています。

それでも、あの時の話をすると表情が暗くなります。

 

その真っ赤な顔をしたモノは何だったのでしょうか…

 

ちなみにその英彦山には天狗伝説が数多く残っていますが、いとこに話すと
「天狗があんな怖い事するわけがない!」
と必死に否定します。

私は姿を目にしてないのですが、もうあそこには近づきたくありません。

英彦山とは?

英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町とにまたがる標高1,199mの山である。

耶馬日田英彦山国定公園の一部をなす。

日本百景・日本二百名山の一つ。

また、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。

英彦山に伝えられてきた天狗伝説

豊前坊という大天狗がおり、欲深く奢りに狂った人には小天狗を飛ばせて子供をさらったり、
家に火をつけるなど慈悲の鉄槌を下し、心正しく信仰する人には家来の天狗を集めて願い事を遂げさせ、
其の身を守ると伝えられてきました。

豊前坊大天狗は九州の天狗らの頭領で、その高い御神徳を称え、現在でも修験者たちの信仰を集めております。

天狗伝説出典元:hikosan.sblo.jp

 

画像出典元:お面【天狗】 – item.rakuten.co.jp

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:890 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS