2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体が思うように動かない大工の爺ちゃんの思い

 2015.07.06     その他の怖い?話     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 038

私の爺ちゃん、大工だった。

でも、現在は病院で虫の息。

私は、昨年に家を建てた。

その頃には、まだ意識はあった。

「体が思うように動けばわしも手伝いたいのう」

昨日の午前1時頃、外の倉庫で釘を打つ音がした。

ちなみに、私の家は田舎に建てた。

周りに他人の家すらないため、そんな音するわけない。

だけど、気にしなかった、正直どうでもいいから。でも、声もした。

 

フウ

 

それは、爺ちゃんの口癖だった。

私は、その時思った。爺ちゃん死んだなって。

さっき病院に行ってきた。生きてた。

あれは、きっと生霊だったんだろう。強い思いと意識だけが表れる。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:328 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/05/25(水) 23:54:21 ID:c2MzI1NjE

    じいさん、どうしても手を貸したかったんだよ…良い話じゃん…

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS