2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大波に向かって走っていった俺たち兄弟が経験した物凄い力の引きずり

 2015.07.06     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 119

和歌山の三畳敷で、かなりギリギリのところまで行って、波を見物していた。

まだ中学生のときだったかな。

かなり遠く離れたところにいる人が、わっと逃げ出したんだ。

びっくりして振り返ると、まだ遠いんだけど、結構高い波がやってきてた。

確実に俺らの呑み込まれる位置ぐらい。スゲーあせった。

今から走って逃げても絶対間に合わないし、どうしようってオロオロしていたら、弟が何を思ったのか・・・だーっと海岸のほう、波の近くに走っていくんだよ。

エッって思って、慌ててあとを追うと、
「これ!これにつかまって!」
って、三畳敷に一体化して突き出た岩?をギューって抱きしめていた。

俺も慌てて真似をして、大きく息を吸い込んで息を止めた。

 

波は大きくかぶった。

全身が波に飲み込まれて、そのあと物凄い力で沖のほうに戻っていった。

返り波っていうのかな、真っ白なスープみたいになった波。あれ、物凄い力だよ。

例えば、海難事故に遭う怪談で、波を無数の小さな手によく喩えられる(ていうか小さい手そのものだったっていうか)ことが多いけど、本当にそう。ひっぱられる。

ここで手を離したらマジやばいと思って、とにかくもう必死で岩をつかんでた。

 

波が引いたら全身びしょ濡れ。

そのへんにいた人は、飲み込まれた俺らを見て死んだかも!と思ったらしくって、注目の的だった。

それにしても海コエー。弟いなかったら、俺確実に逃げ遅れて死んでたぜ。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:397 PV
 評価:12345 1.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ:
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS