2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡ってはいけない勝手踏切がある危ない学校

 2015.07.08     恐怖体験談     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 33

実体験から、一つ書き込みを。

自分自身は、そんなに恐い思いをしたわけではないけど…

自分が通っていた小学校には、渡ってはいけない踏切というのがあった。

校則で、そう決められているのかどうかは知らないが、横断してるのを教師に見つかったら怒られていた。

校庭のすぐ向かいにあって、遮断機も無く、車も通れないような狭い踏切である。

自分には年の離れた兄が居て、その兄が言うには、自分が小学校に入るずっと前からその決まりはあったそうです。

 

ある日の午後の授業で、図工の風景画を描くために、自分と友達の二人で何を描こうか校庭を歩き回っていた時のこと。

校庭の向かい側にある、例の渡ってはいけない踏切がカンカン鳴り出した。

何の気なしに見てみると、少し向こうの方から中学生か高校生ぐらいの人が乗った自転車が(当時高校も中学も殆どがガクランだった為、小学生の自分には見分けが付かなかった…)猛スピードで踏切の方に突っ込んでくる。

電車が来る前に急いで渡ろうとしているのかな?と思っていると、やはり踏切の方にハンドルを切ってきた。

線路の向こう側とこっち側では、段差になっていて、踏切の前は2m程と短いものの結構急な上り坂になっている。

車止めなどもあり、スピードの出ている自転車ですり抜けるのは、結構な技術がいる。

案の定自転車は、上り坂を登ったとこで失速してしまった。

ちょっとやばいんじゃないの?と思っていると、自転車は踏切の真中で完全に止まってしまった。

足で地面を漕いでいるが、上手く進んでいない。

それから数秒だろうか、すごく長い時間に感じたけど、けたたましいブレーキ音と共に自転車とその学生は、電車にはねられてしまった。

 

あまりの出来事に、自分と友達は目を背けることすら出来なかった。

はねられた学生は、線路の反対側に跳ね飛ばされていて、こちらからは見えなかったけどぶつかった時の映像が目に焼き付いていて、子供ながらに即死だろうと思った。

少し離れたところにいた生徒達が集まってきて、騒ぎを聞きつけた先生もやってきた。

先生は、何があったの?と、しきりに聞いてきたが、あまりの出来事に上手く説明できなくて友達の方を見たら、目を見開いたまま、焦点の定まらない目で泣いていた。

先生に言われて保健室でしばらく休んで落ち着いた頃に、また先生がやってきて状況を説明してくれと言われた。

自分は見たままに話したんだけれど、隣にいた友達が違うと言い張って聞かなかった。

 

友達が言うには、学生は二人で、自転車で二人乗りをしていて後ろに乗っている方が、早く早くと運転している方を急かしていた。

踏切の真中に来た時に、後ろに乗っていた方が、自転車を掴んで止めて鍵を掛けた。

そう言って譲らなかった。

自分は後ろに乗ってた学生なんて、絶対に見ていないし、現に電車に跳ねられた学生は一人だけだった。

でも友達の言っていたことは、嘘じゃないような気がする…。

勝手踏切とは?

鉄道事業者によって認められた踏切のほかに、小さな路地やあぜ道、山道などのいわゆる「赤道(あかみち)」・里道と鉄道線路が交差している場所がある。

このような場所は踏切ではなく、本来は一般の人の立ち入りは禁止されており線路を横切って人が通行することはできないが、実際には近隣の住民が勝手に通行しており、事実上の踏切となっている。

一部のメディアではそのような場所を勝手踏切と呼んでいる。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,054 PV
 評価:12345 1.00 (2 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS