2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死んだ野良猫を思い御山の小さな社で黙祷したことで死後の姿を見せたネコマタ

この記事の所要時間: 124

妖怪と思われる奴を見たことは有るのですが、怖い話ではないです。

見たのは四年ほど前です。

その年の春に近所で可愛がっていた野良猫が死にました。

まだ、子猫の時に捨てられたらしく、団地に迷い込んできたのを住人の何人かで世話をする感じでした。

その猫が来て、だいたい七年後、猫はケガがもとで弱っていき、息を引き取りました。

息を引き取る前日、猫は突然姿を消しました。

よくそんな話は聞きますが、それでも私を含む何人かは、猫を探しました。

すると、私達が心配しているのがわかったのか、フラフラになりながらも猫は帰ってきました。

 

そして、翌日の朝。猫は冷たくっていました。

猫は死ぬ時、御山に行くといいます。

あの猫は御山に行こうとしたが、私達のもとで逝くことを選んだのでしょう。

そう考えた私と近所のお婆さんとで、最寄りの御山とされる山へお参りにいきました。

山の麓の小さな社で手を合わせ、しばらく黙祷していると、後ろから猫の鳴き声がしました。

ふり返ると、異様に大きな猫が座っていました。中型犬ほどだったと思います。

その大猫は、もう一度鳴くと山の中に駆け込んでいきました。

そのとき、尾が二またにわかれているのがみえました。

多分、あの大猫は普通の猫ではないと思います。

ねこまたとは?

猫又、猫股(ねこまた)は、日本の民間伝承や古典の怪談、随筆などにあるネコの妖怪。

大別して山の中にいる獣といわれるものと、人家で飼われているネコが年老いて化けるといわれるものの2種類がある。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:690 PV
 評価:12345 5.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:その他の怖い?話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS