2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水道水に変な汁の成分が含まれているマンション

この記事の所要時間: 034

昭和50年代、東京都大田区蒲田で起きたとされている嘘の事件。

あるマンションの貯水槽から腐乱死体が発見された。

ホームレスがマンションの屋上に忍び込み、暑さのあまり上水道タンクの中に入ったらしい。

そして、急性心不全死。

 

死体が発見されたのは半年後。

なぜ見つかったかというと、そのマンションの住人が、
「水道水に色が着いている」

「水道水が変な臭いがする」

「ご飯を炊いたら黄色くなって、炊き込みご飯みたいになった」
と騒ぎ出したため。

 

半年間、マンションの住人たちは「死体漬け」の水を飲んでいた。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:663 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS