2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やませの吹く所にある村に伝わる飢饉の悲惨な話

 2015.07.27     悲惨な話     コメントを書く     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 056

某県の飢饉の話ってあったなぁ。
やませの吹く所。

同じような話が創作で出てくるけれど、実際はひどかったらしいね。

大飢饉の時、ついに食べるものがなくなって、さて、どうしようかということになった。

家畜の次にくるのはやはり口減らしというわけで、小さい子から始めていったらしい。

だけど、我が子を手にかけるにはあまりにも忍びない。

村の皆が同じ気持ちだったらしい。

 

結論は、子供を交換することだった。

交換した相手の子供を殺して、その肉で食いつないでいったんだね。

ほぼ同時に子供を交換して、ほぼ同時に事が為されたわけだから、やる方も
「もう、うちの子供もどうせ…」
という感じだったんだろうな。

食器も残った骨で作ったという話だった。

頭蓋骨をお椀にしたり、と。

 

今は、誰からも聞くことはないけれども、それほど大昔の話と言うわけではないらしい。

その村を捨ててきた人から伝え聞いた話。

 

飯のありがたみを感じる話だね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,582 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:悲惨な話
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS