2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エホバの証人が起こした悲惨で無残な事件

 2015.07.28     本当にあった怖い話     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 220

エホバの証人だった両親によって、我が子の命が奪われることになった悲しい事件。

当時、過食僻のある4歳の児童に両親は悩んでおり、長老の助言によって過激な躾をしたとのこと。

 

1993年11月、当時4歳の次男が夕食を食べ散らかしていたため、父親が怒って足でけり、
おしりや顔面をビニールホースで殴り、裸にして縁側にしめ出し、水を浴びせて一晩中放置し、凍死させた。

すべて、ものみの塔の教義と、夫婦が所属していた会衆の長老夫妻の指導によるものだった。

訓練や躾と称して、子供を鞭で打つのは普通のことだったようだ。

集会中も落ち着かなかったり騒いだりすると、別室に連れていかれて鞭で打たれるという。

ものみの塔の印刷物では、鞭の作り方も解説されている。

 

4歳の子供に水をかけて裸で外に出したらどうなるか、考えるまでもない・・・

日本では分からないが、エホバの証人の間でも一般社会と同じ程度に、児童への虐待が問題になっているようだ。

裁判で有罪になっても、ものみの塔からは特に問題とされない場合もある。

ただし、問題にはならなくても降格はあるとのこと。

また、復活の望みがあるのだから、戒律や規則を守るために死ぬのは仕方がないという考えがあるようだ。

自分が戒律を守って死ぬのは構いませんが、人を死なすのは論外である・・・。

エホバの証人とは?

エホバの証人(エホバのしょうにん、英: Jehovah’s Witnesses)は、キリスト教系の新宗教の組織または信者。

ものみの塔聖書冊子協会などの法人が各国にあり、ほぼ全世界で活動している。

世界本部はニューヨーク市ブルックリン区に置いているが、2015年現在ニューヨーク州ウォーウィックへ本部機能を順次移転中で、2017年に完了する予定である。

なお、日本においては神奈川県海老名市に支部が置かれている。

聖書は主に新世界訳聖書(該当言語での翻訳がない場合は一般の聖書)を使用する。

エホバ神を崇拝し、三位一体・基本信条などのキリスト教主要教義を否定する立場をとることから、一般には異端とされる。

ものみの塔とは?

「ものみの塔」は新世界訳聖書のイザヤ21章8節に由来している。

現在の正式名称は『エホバの王国を告げ知らせる ものみの塔 (The Watchtower Announcing Jehovah’s Kingdom)』と言う。

本誌の目的は、宇宙の至高の支配者であるエホバ神を賛美し、近い将来に地上に確立される世界政府(神の王国)を宣伝することである。

創刊当初から常にイエス・キリストの贖いを支持し続けて来た。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:4,932 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:本当にあった怖い話
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 怖い名無しさん
    • 投稿日:2016/05/02(月) 00:02:14 ID:I3NjIwNjA

    救いようがないね
    悪魔でも引くレベル

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS