2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2分の1の確率で死ぬ出来事

 2015.08.02     恐怖体験談     1件     Loadingお気に入りに追加
この記事の所要時間: 12

学生のころに、交通警備のバイトをしてたんだよね。

ある日、いつもと同じようにバイトに行った。

その日の現場は、二人で交通整理をすることに。

立つ所は決まっていて、どちらに立つかは、もう一人のやつが決めた。

警備を始めてしばらくして、そいつの立っている場所に車が突っ込んだ。

残念ながら、病院まで持たず死亡してしまった。

 

文字通り、2分の1の確率で死ぬところだった・・・。

 

でも、ほんとに怖かった(ってかいやだった)のは、死んだ同僚の親に会ったときだった。

まっ、続きを書かなくても想像できるとは思うんだが・・・。

最初にその親御さんと話したときはよかったんだが、その親御さんが事故の真相(2分の1の確率で、彼か俺が死んだ)を聞いた後に、俺のことを見る眼つきは忘れられないよ。

 

明らかに
「お前が死ねばよかったのに」
って目だった。

普通にショックだった。

 

結局、彼の葬式にも行かず、バイトも辞めたよ。

なんで、俺に恨みの念が向けられなきゃいけないんだよな。

悪いのは、突っ込んできた車を運転してたやつなのに。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,020 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:恐怖体験談
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

    • 名前: 匿名
    • 投稿日:2016/07/04(月) 20:24:19 ID:c3OTMzMzg

    親の気持ちは理屈じゃないんだよな…
    頭では解っていても。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS