2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留守番していた俺が見た一心不乱に洗顔する奇妙な姉

この記事の所要時間: 25

自分、結構金縛り体質で、なる人やったら分かる思うけど、金縛りにかかる時って「あ、これくるな」ってわかるんですよ。

それで、数年前実家の居間のコタツでうとうとしてたんです。

ウチの家、居間と炊事場が一体化してて、ちょうど俺が寝てたコタツの右斜めの所に廊下へ続く扉があるんですけど、廊下にでてすぐ右側に洗面所があるんです。
(説明わかりにくくてすんません)

その時、ちょうど廊下への扉が半開きになってて、俺の寝転んでる頭の位置から洗面所が見える状態になってたんですわ。

 

横になってから三十分位経った頃やったと思います。

急に、洗面所の方からバシャバシャ水音が聞こえて来たんですよ。

びっくりして洗面所の方みると、自分の姉が顔洗ってるんですよ、なんかこう一心不乱に。

「ああ、なんや」
思て、また寝ようとしたんですけどすぐ気づきました。

俺、その日は一人で留守番してる筈なんです。

 

両親は仕事で遅くなるし、姉も用事で帰りは夜になるって言って出ていってるんですよ。

姉同様髪の長いその女は、一心不乱に水で顔を洗い続けて、石鹸とか洗顔とか一切使わないんです。

バシャバシャバシャバシャ。

で、案の定そこで金縛りがきまして。洗面所の方を向いたまま動けなくなったんです。

「やばいやばいやばいやばい」

なんとか解こうもがいたんですが、その日に限って全然解けない。

あの女が洗い終わる前になんとか起きんと!ぱにくっててわけわからん状態になってました。

とにかく、目をつぶって女の顔を見ないようにしようと頑張りました。

バシャバシャが聞こえなくなった後も怖くて、夕方に家族が帰って来るまでずっとコタツの中に隠れてました。

 

結局なんだったのかよく分かりませんが、うち祖母が霊媒やってるのでその関係だったのかもしれません。

昼間だったからまだよかったけど、あれが夜中だったらと思うと正直ぞっとします。

霊媒とは?

霊媒(れいばい、medium または spirit medium)とは、超自然的存在(霊的存在)と人間とを直接に媒介することが可能な人物のことである。

日本では口寄せという名でも知られている。

また霊媒者(れいばいしゃ)、霊媒師(れいばいし)などとも呼ばれる。

出典元:ja.wikipedia.org

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,641 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS