2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建物自体が霊道になっているマンションの一室

この記事の所要時間: 430

元同僚Sが体験した話です。

当時、マンションの一室を借りて営業していた小さなデザイン会社に勤めていました。

業種柄、連日遅くまで作業することが多々あったのですが、その日もSは一人で深夜まで残業していました。

トイレに行って仕事部屋に戻ると、バルコニーに出る戸のところにおじさんが突っ立ってSをじっと見てるというのです。

Sはなんというか無頓着で、一風変わった感覚の持ち主で、とくに恐怖心は感じなかったような口ぶりでその状況を語ってくれました。

そんなSも、なんだかまずい雰囲気であるということは察したようで、とりあえず近くのコンビニで立ち読みをして時間をつぶしていたそうです。

暫くして、
「そろそろ行ったかな」
と思ったSは(その予想も意味不明なのですが)、事務所に戻って荷物を持って帰宅したそうです。

その時は、いなかったそうです。

 

後日、同僚Kの母親(霊能力者)に事務所を見てもらったところ、その建物自体が霊の通り道になっているらしく、角部屋であるその部屋がかなりの交通量(っていうのか?)になっているとのことでした。

彼女曰く、中でも一番ひどいのが、Sの席の壁のところだそうです。

恐らく、その出来事となんらかの関係があると思うのですが、その事務所の隣の部屋の住人のことはどの同僚も殆ど目にしないのです。

電気がついていたりと、たしかに生活感はあるのですが、なんというか異様な雰囲気なのです。

玄関の扉の郵便受けに新聞やら広告が溜まることは度々あって、よくそれをぶちまけていました。

よく玄関の脇に2つ盛り塩していました。

昼間コンビニに行こうと前を通ると、玄関を少しだけあけ、小さな娘さんが静かにこっちを覗いてることもありました。

連日深夜まで作業していて、結構大きなボリュームでラジオを流していたり、テンションの高まった同僚が騒いだりすることも度々ありましたけど、苦情が来たことは一度もありません。

ちなみに、おじさんが立っていたのは、隣の部屋の真隣でした。

霊道とは?

霊道とはその名の通り、霊の通る道のことです。

人の霊用の霊道、動物の霊用の霊道、同じ現場で亡くなった人用の霊道など、さまざまな種類があり、妖怪(堕落した古い神や自然の精その他)用の霊道なんかは、昔から言われている百鬼夜行と同種のものかと思われます。

民たとえば病院や多数の被害者を出した事故現場など、たくさんの人や動物が死を迎えた場所から霊道がスタートし、どこかへつながっている場合や、社寺や慰霊碑など、すがってきた霊が(おそらく)成仏して通って行く道、もしくは逆に救いを求めて通う道などさまざまな霊道があるようです。

また霊道は、必ずしもどこかに通じている一方通行とは限らず、回遊式にエンドレスループになっている場合もありますし、横ではなく空に向かって縦に伸びていたり、地上数十メートルの上空に開通していたりもします。

霊道をビジュアル的に説明するなら、「ガラスパイプの中にエアカーが走る、昔のSF漫画の高速道路」のような感じです。

 

では、その霊道とはどこにあるのでしょう。

実は結構どこにでもある物なんです。

民家やビルの中でさえも横切って開通している場合もあります。

ですから場合によってはご家庭の茶の間や風呂場に霊道が通っていて、幽霊が行列して通っている、という場合もあるのです。

霊道が開通すると、毎日そこをたくさんの幽霊が通過していく訳ですから、その場所周辺で幽霊を目撃したり、妙な音や匂いなど、なんらかの霊現象にあう可能性が高くなりますし、そこまでいかなくても体調不良や妙な気配を感じる場合もあります。
(もちろん、平気な方もいますが。)

また、霊道に切れ目があると、その部屋内に炊きたての白ご飯やお菓子、お酒など、幽霊が好む物が置いてあった時にそれに引かれて隊列からはぐれ、居間をウロウロする輩も出てきますし、その部屋に居座ってしまったり、住人に憑依してしまう場合もあるのです。

 

もし、自宅や職場などに霊道がある、と感じたらどうすればよいか、というと、残念ながらプロ以外が個人で対処できる決定打はありません。

神社などのお札などはむやみに貼らないようにしてください。中途半端に霊道が詰まったりすると、家の中で幽霊があふれてしまうこともあります。

とりあえず個人レベルで出来ることは、菓子、ご飯、酒、お茶など霊が好む物を放置しない、霊を室外に出す為に窓を開け、こまめに換気をする、部屋を明るく(照明やインテリアの色など)する、くらいで、あとは、近所の電気、建設工事で霊道が移動するかもしれない
のを待つしかありません。

霊道が特定の場所に固定されてるのだけであれば、そこを避けて人間が住めばよいのですが、霊道の厄介なところは「場所を移動する」ことです。

霊道は地脈と関係があるのか、大きな電気工事や建設工事、地震などがあれば移動したり、突如として現れたりまた消えたりもするのです。

霊道付近では、電化製品が壊れやすかったり、不具合が起きたりすることも特徴のひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:765 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS