2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時の番人として時空の狭間を見守るオッサン

この記事の所要時間: 257

8年ぐらい前に体験したことです。

もしかしたら、夢だったのかもしれませんが聞いて下さい。

朝、起きたのが10時だった。

『もう、10時か…』

現在、大学は9時半から始まるワケだが、いつも少し遅刻して行く自分は焦ることはなかった。

ちなみに、オレの家から大学まで3分ぐらい付く距離。

朝の朝食(前日の残り物)を食べダラダラと支度をしてたんで、結局大学についたのが10時24分。(携帯で確認)

 

大学の中には人は全くいなかった。

というかゼロの状態。

自分は
『皆、授業にちゃんと出てて偉いな』

そんなことを思っていた。

それで、自分は教室に向かった。

教室に着き、中に入ってみると誰もいない。

『アレ?もしかして教室間違えた。』
と思い、紙で確認したらやっぱし、今日の講義がある教室。

おかしいなと思い、部屋を出ようとした瞬間に携帯がなった。

 

ここからが、一番不思議なことなんだけど、その携帯の表示が
『NOBODY』
って英字でかかれてのよ。

ガラケーには、こんな英字とかって絶対に表示されませんよね?

オレは、この時何を思ったか電話に出てしまった。

『はい、もしも…』
と言った瞬間に

「お前、何でここにいるんだ!!」

おっさんの声だった。

『あなた誰です?』

「そんなことはどうでも良い!!どうやってここに入ってきた!!」

『はい?あなた何を言ってるんですか?』

「外を見て見ろ!」

『いたずら電話は止めてください!!』
と言い、オレは電話を切った。

 

『…』
しかし、少し気になり、教室のベランダ(2階)から外を見て見た。

すると、教室から大学のグランドが見える。

その中央にオッサンが立っているのが見えた。

よくよく見ると、携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

オレがマジマジとおっさんらしき人物を見ていると、おっさんがオレの方にゆっくり顔を移動させた。

『ヤバイ!!』

オレはそう実感した。

すると、おっさんポケットに手を入れたんだ。

オレは何か分からないが危険と察知して、ベランダからダッシュで出て教室から出た。

その瞬間、体が伸びるような、初めての感覚に襲われた。

『な、なんだ!!』
と思っている時、目が覚めた。

自分の部屋でオレは寝ていた。

時刻は、8時丁度だった。

 

 

不思議な夢を見たな。

そう考えながら大学の準備をしていると、ある異変に気づいた。

冷蔵庫を開けると、前日の夕飯の残り物がなかった。

台所にその食器だけが置いてあった。

 

オレは、今でも思う。

あの時見た、おっさんは時の番人ではないのか?

ちなみに、おっさんの声も、見たときの姿などは一切覚えていない。

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。

なぜかは分からないが…。

それからは、不思議なこともない日常を送っています。

でも、いまだにあの時のことが忘れられません。

 

夢だったのかもしれないですが、理解不能な点があったので。

今、思うと大学に一人もいなかったのではなくて、自分ひとりだけが、時間を飛び越えてあの時間帯に来てしまったのではないかと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:851 PV
 評価:12345 0.00 (0 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:オカルト・超常現象
 タグ: ,  ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS