2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不快害蟲カマドウマの不気味な話

カマドウマパニック
この記事の所要時間: 151

昔、知人の女性から聞いたカマドウマの不気味な話ですが…。

カマドウマ=便所蟋蟀というイメージです。

彼女が小学生の頃、校舎の陰にカマドウマが大量発生した年があったそうです。

当時の悪戯盛りの男の子達が、喜んで捕まえて玩具にしていたそうです。

そのうち、誰が思いついたのか、生きたままのカマドウマを校庭の池に投げ込んで、鯉に食わせる遊びが盛んになったとか。

水に投げ込むと、すかさず鯉が寄ってきてはパクリと丸呑みにする様が、面白くてたまらなかったのでしょう。

そのおかげでか、カマドウマもすっかり捕りつくされたのだとか。

 

ほとんど姿を見かけなくなったある日。

池のほとりで遊んでいた彼女は、奇妙な形の魚が泳ぎ寄って来るのに気付きました。

でこぼこに変形し、全身から無数の棘状の物体が突き出した…ソレ。

丸呑みにされたカマドウマが、鯉の腹の中でもがき暴れたのでしょう。

内部から腹を突き破ったカマドウマの肢を、全身から生やした鯉の姿だったそうです。

おそらくは彼女が考えた作り話であることは間違い有りませんが、カマドウマの気持ち悪さを思い出させてくれる話ではありました。

カマドウマとは?

カマドウマ(Diestrammena apicalis、竈馬)はバッタ目・カマドウマ科に分類される昆虫の一種。俗称で「便所コオロギ、オカマコオロギ」などとも呼ばれる。

キリギリスやコオロギ、ウマオイに似るが、成虫でも翅をもたず専ら長い後脚で跳躍する。

その跳躍力は非常に強く、飼育器の壁などに自ら激突死してしまうほどである。

姿や体色、飛び跳ねるさまが馬を連想させ、古い日本家屋では竈の周辺などによく見られたことからこの名前が付いた。

俗称として「便所コオロギ」などと呼ばれることもある。

日本列島及び朝鮮半島の一部に分布するが、地域によっては体の色や交尾器の特徴などが微妙に変化しているため、いくつかの亜種に区別されている。

出典元:ja.wikipedia.org
画像出典元:kofunmoodys.fc2web.com

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:1,071 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:人から聞いた怖い話
 タグ: ,  , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS