2ちゃんねるやネットの怖い話・恐怖体験談や都市伝説などをまとめた背筋凍りつく系の恐怖読み物サイト。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

霊界へ向かう死者の魂専用のバス

この記事の所要時間: 146

ある男が、夜遅くバスで家に戻ろうとした。

だが、バス停についた時は先のバスは出発しており、後続のバスが何時くるかどうか分からない状況だった。

しかし家は遠い為、とてもじゃないが歩ける距離ではない。

彼は意を決し、そこでずっと待っていた。

田舎なので、時刻表もあてにならないのにである。

もうこないかと諦めかけた時、突然バスが現れた。

 

彼は、嬉しくて早々にバスへと乗りこんだ。

だが、ふと違和感を感じてしまった。

こんな夜中に何故か混んでいた。

座れる席は一つしかなかった。

それと、人が大勢いるのに誰もが口を閉ざし、バス車内はまるでお通夜の様に静まり返っていた。

不審だと思いつつ、彼は唯一空いてた席に座ると、隣に一人の女性がいた。

彼女は声を押さえ、彼の耳元にこう囁いた。

 

「あなた、このバスに乗るべきではないよ」

 

彼は黙って続きを聞くことにした。

彼女は、続けて
「このバスは霊界に行くものよ、あなたのような生きてる人がどうしてここにいるの?このバスに居る人は、誰も霊界にいきたくないのよ。あなたは、すぐ彼らに捕まって誰かの替わりとして死んでしまうわよ!魂を抜かれて、身体も奪われるということよ」

彼は怖さのあまり、言葉もでなかった。

身が震えながら、どうすればいいかさえわからず、途方に暮れそうになる。

彼女は
「大丈夫、私が助けてあげる」
と言い出した。

そして、突然!彼女は窓を開けて彼を連れて飛び降りた。

バスの乗客が
「ああ!!逃げられちまった」
と大声で叫んだ。

 

彼が落ち着いた時、彼女と二人で荒れた丘に立っていた。

彼は急いで
「助けてくれてありがとう」
と伝えた…が…

彼女の口元が歪み、筋肉が痙攣しながら嗤い出したのである。

そして、彼女が彼にこう言った。

 

 

「これで、あの人たちと奪い合わなくてもいいわね」

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

怖いコピペの最新情報をお届け致します!
 閲覧回数:448 PV
 評価:12345 4.00 (1 件の評価)
Loading...Loading...
 カテゴリ:都市伝説・ネタ
 タグ: , 
 PR:怖い動画 - 心臓が弱い方も安心の完全無料

関連記事

ピックアップ

他サイトの更新情報

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

検索

アーカイブ

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

怖いコピペSNS